アメリカ海軍 ジェット戦闘機 F-14ボムキャット その2

本日は帰宅してからうとうと・・・。
そしておもむろに製作開始です。
1時間半くらいはしたのですが、
意外と作業は進んでません。


KIMG7043[1]_convert_20170720223536

機首の彫り込みとインテークさわり

機首の形をいくらか整えました。
これ以上は全チアの形が決まってから仕上げようと思ってます。
それゆえにちょっと雑っぽさが残ってます。





KIMG7044[1]_convert_20170720223617

インテーク仮止め

薄い板で大雑把にインテーク部分を作りました。
とりあえず仮置きして見ましたが、実際には隙間を空けたり角度をつけたり
色々しないといけないので、ここからは面倒な作業になります。

本日の作業はこれで終了です。
明日からは主翼基部やエンジン回りを仕上げていこうと思ってます。



おまけ

amiba-f-14seisakutyuu.jpg

意味もなくコラ画像

ストレスが溜まっていると人間ろくなことを
しないということでしょうか(汗)。



「ぽちっとな!」



Date: 2017.07.20 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

アメリカ海軍 ジェット戦闘機 F-14ボムキャット開発計画始動

先日は近隣の○○の集まりへ行っていたのですが、
あまりのアホさに嫌気がさしてきました。
自称専門家たち・・・・まったく子どもたちの見立てがなっていない!
まともな所は1か所と言ったところか・・・。

そう言ったアホ職員に触れるたびにやる気が失せていきます。
もっとシンプルに子どもと遊んで・・・・
そして好きなことを増やしてあげればいいのに・・・

ある放課後児童デイなんて、お金の使い方を学ばせるとあったが、
お金を使う以前に、物欲とか趣味とか生きがいを見つけてあげないと
就職もできないし、お金を使う以前の問題になっちゃうよ・・・。

さらに、○○をうちの施設で伸ばします!
なんて書いてるアホ!
療育は子どもの背中を少し後押しする程度・・・・。

自分たちのお蔭で子どもが
成長するなんて慢心以上の何者でもなし!


色々やる気を失ってましたが、木工再開です。



今回の製作は題名の通り、F-14再びですが、
対爆撃装備の、通称ボムキャットを作ろうと思います。

sanada-f14.jpg

まあ、こんな感じで

資料自体は数か月前に購入済であります(笑)。
以前も作った機体ですが、うまいことで気ない部分もあったので
今回はそこらへんもきっちり作りたいところです。





KIMG7040[1]_convert_20170719224200

4枚の板を張り合わせた状態

重ねた板にカーボン紙で大体の飛行機の形を書き込みます。
それをレーザーソーで大まかに切っていきます。
まずは機首部分を作ってから、インテークやエンジン部分を
くっつけていく製作方法で行きます。





KIMG7041[1]_convert_20170719224238

機首きりだし

今日は、ちんたら作業したのでここで終了です。
明日からは、少し作業を加速させたいと思ってます。



「ぽちっとな!」




Date: 2017.07.19 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

アメリカ海軍艦上攻撃機 グラマンTBF「完結編」

本日は職場の仕事をしながら時々木工。

うちの園では、保護者の方々に個別のワーク活動での
課題内容一覧をクラスごとに配っています。
そういうわけで、クラスにあるたくさんの課題をカテゴリー別に
仕分けたり、課題の説明を入れたりしてました・・が、
沢山ありすぎて最後までいけませんでした(汗)。

もう頭がおかしくなりそうでやんす。
それ故、今現在ビールをひっかけて
気分転換しながらブログの更新なんぞを
逃避行動としてやっているわけであります・・。



さて、グラマンTBFアベンジャ―ですが、
ちまちまと脚や風防にプロペラをいじり、
本日めでたく完成であります。

KIMG6599[1]_convert_20170528215331

風防製作中

今回一番作り方を変えたのがここ・・・。
薄い板でガラス面を作り、その上に細い板で
風防の枠を組んでいく作業をしました。

写真のように片側を固定してから、
ボンドが乾いたら、反対雅に折り曲げて
またボンドで固定していきます。


その後、脚とプロペラ・ウェポンベイ
空中線を張って一気に完成です。





KIMG6600[1]_convert_20170528215519

全体図

こうして見るとやはりデカい!
前回作ったP-38よりも全長は長いです。
後で分かったのですが主翼内にも12.7mm機銃が装備されてます。
後部にも1門、機体下に7ミリ機銃も装備・・・。
結構な重装備でありますねえ。





KIMG6602[1]_convert_20170528215551

正面から

ウェポンベイですが、
展開して魚雷が出ている状態で制作しました。





KIMG6603[1]_convert_20170528215616

後方から

こうして見ると風防や機銃座は
比較的うまく出来たかと思います。
ちょっと面倒ですが、今後はこの方式で
レシプロ機の風防を作っていこうと思います。





KIMG6604[1]_convert_20170528215706

機体裏側

魚雷もしっかり装備しました。
そして脚の引き込みですが、このグラマンもMe109と
同じような引き込み方でした。
メッサ―シュミットは知ってましたが、アベンジャーも
引き込む方向が通常と逆とは知りませんでした。

メッサーは脚周りの弱さが問題となってましたが、
このアベンジャーに限ってはアメリカらしく、そういった
問題は出なかったんでしょうねえ・・・。
見るからに頑丈そうですし。





KIMG6606[1]_convert_20170528215758

手のひらと

全長6㎝強。
やはり胴体の高さがあります。
1/200サイズにしては異様なデカさです。





KIMG6609[1]_convert_20170528215828

敵艦見ゆ!
直ちに攻撃に移る!!


アベンジャーですが急降下爆撃が可能なタイプもあったそうです。
そんなことが出来るのは日本軍の流星ぐらいと思っていたので
非常に意外でした。

さてさて、これで航空機2機が出来上がりました。
次回からは、さっそうヤマト艦艇に取り掛かろうと思います。
とりあえずは手軽にできそうな、巡洋艦か
パトロール艦あたりを考えています。





おまけ
mennhitosuji.jpg


この土日、自堕落に過ごしました。
家族がいない昼間は二日とも朝昼とカップヌードルと
カレーヌードルを交互に汁まで完食。

夜家族がいる時に出たのが
明太子スパと、ざるうどん・・・・・・あれ・・?
私って麺ばっか食べて週末を生き延びたのか・・・と
改めて気が付きました。

今後自称平八ではなく、自称ラーメンマンと
ハンドルネーム変えないといけない気がします(汗)



「ぽちっとな!」



Date: 2017.05.28 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (6) Trackbacks (0)

アメリカ海軍艦上攻撃機 グラマンTBF その1

本日は、朝から「信長の野望」。
時にグラマンの製作です。


KIMG6590[1]_convert_20170527230845

胴体彫り込み

板を3枚貼り合わせて胴体を制作。
そこから飛行機の丸みを出し、形を整えてから
モールドを彫り込んでいきます。

毎回、風防は胴体と一体化で作っていましたが
今回は別パーツで作ろうと思います。





KIMG6589[1]_convert_20170527231102

主翼取り付け

主翼は2枚の板を張り合わせて製作。
雷撃機であるため、戦闘機のような低翼ではなく
中翼になっています。





KIMG6592[1]_convert_20170527231134

尾翼と風防設置

水平尾翼と風防を設置しました。
後部の機銃座は5mの丸棒をはめ込んで作ってます。
風防は薄い板を張り合わせて製作。
今後さらに細い板で風防の枠を貼って行く予定です。





KIMG6593[1]_convert_20170527231211

機体裏側

胴体も主翼も木を貼り合わせているので、
それをうまく利用してウェポンベイや
脚の引き込み部分を作っています。





KIMG6595[1]_convert_20170527231256

今日の成果

垂直尾翼を取り付けて、本日はこれで作業終了です。
解っていはいましたがこの機体、実にアブのように
ふてぶてしく、たくましい感じです。

余談ながら、後方機銃が2か所ありますが、
これって実戦で役に立ったんですかねえ・・・・。
機銃座の人は酔ったりしなかったんでしょうか?

どこの国でも後方機銃はろくな結果になってない・・
という印象があるのですが・・・。
取り外して身軽になるのは危険だったんでしょうか?
無いよりはましといった感じだったのか・・・・。









さて、実はアンドロメダ製作のころから
若干作業スピードが落ちています・・・・・(汗)
その理由がこれ・・

KIMG6598[1]_convert_20170527231311

謎の人形

家の娘が私の見よう見まねで作りだしました。
作り方は聞かれるし、貴重な切り出した材料は
どんどん使われるし・・・・
自分の作業スピードが落ちます(汗)。

腹いせに、スぺシュウム光線のポージングをさせてみました(笑)

これから下半身も作るらしいのですが、
一体どうする気なのか・・・
他人事なので高みの見物です-。







おまけの、あほ画像

aho-yamato-seisakuiyoku.jpg

実は私、かつてない病気になりました

アンドロメダを作った後から、コスモタイガーのテーマや
土星での艦隊戦シーンの曲が頭に鳴り響いてます。
妙にドキドキして、ソワソワします・・・・。

製作したアンドロメダは1/2000としましたが、
旧設定で言えばおよそ1/1200になります。
という訳で1/1200サイズで地球防衛軍を
徹底的に作り込まなければ・・・と考え中です。



「ぽちっとな!」



Date: 2017.05.27 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

アメリカ海軍艦上攻撃機 グラマンTBFアベンジャー 開発計画始動

本日は園児と散歩に出動。
新入の子どもさん中心だというのに・・・・
何故かみんな手を繋ぎ・・・・
職員の後ろをついて歩く・・・・

うむ・・・

何て手のかからない、いい子たちだ!

幼稚園や保育園で、ちょっと配慮してもらえれば
十分やっていける子どもさん達もいると思われます。
もう少し、幼稚園や保育園はASDや知的障害の
子どもさんへの理解を高めてくれればいいのにと思っちゃいます。




先日ですが、久々に相談の仕事をしました・・・。

対応しながら思うのですが、大概の事業所は・・・
そして職員は・・・・

子どもたちを見てあげてる!
自分たちは頑張っている!
自分たちを認めて!褒めて!

なんとそう言う職員の多いことか・・・・

俺達は仕事をやって当たり前!
ちやほやされたいのか?


という某酒飲み自閉症専門の先生の言葉を
しっかりと聞かせてやりたいです・・・。

※ちなみに私はこの先生と3回飲みに行って
 3回同じ台詞を言われて、説教されました(汗)
 自分もチョッピリはちやほやされたい・・・
 なんて思った自分もアホ(笑)






さて、今日は帰宅が遅くなり製作はほんの少しです。
ちょっと大物も作りたいのですが、
バザーに向けて手っ取り早く出来るレシプロ機を
今回はもう1機製作することにします。

今回はこれ…

guraman-tbf-abenjya-.jpg

アメリカ海軍艦上攻撃機 グラマンTBFアベンジャ―

アメリカのレシプロ機は嫌いなのですが、
何故か艦爆や艦攻に関しては結構好きです。
頑丈で信頼性がある・・というだけでも魅力。

この機体は太平洋戦争後期あたりから活躍し、
日本の数々の艦船を撃沈している憎いやつでもあります。





KIMG6588[1]_convert_20170526224844

胴体切り出し中

胴体の中心を切り出したところで、今日はもう作業を止めました。
明日からは、この板の両側からさらに板を追加して
機体を作っていこうと思います。

もし余裕があれば、新しい工夫を試したいと考え中です。



「ぽちっとな!」




Date: 2017.05.26 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ