木工三昧

土曜日は県内に新しくできる児童発達支援センターに行って来ました。
追加注文のパーテーションも水曜日に買い出しと切断+2個完成。
木曜日の夕方に6個完成。
金曜日に2個完成でお届けと、無事に終わりました。

届けた帰り道に別の事業所へ行き、以前作った個別課題用の机を持ち帰り、分解、改修工事。
そして材料の買い出し。

DSC04666_convert_20130324212412.jpg

日曜日は、別の事業所からの依頼で個別課題用の机の簡易版のようなものを作りました。
上の写真は横幅90㎝のもの。同じものを2個制作しました。
土曜日に分解、切断した机の切れ端をフルに活用して制作しました。
今まで制作したものと比べて、実に軽量です。
とりまわしもしやすいと思います。

DSC04673_convert_20130324212443.jpg

こちらも同じ事業所から。
これは横幅が70㎝。あまりにも軽い!軽すぎる!。
女性でも片手で持てそうなくらいです。
レイアウトに移動させるのも楽そうで、うちの職場でもこういうタイプの方が使いやすいような気がしてきました。どうせ課題をするところは、パーテーションで仕切っていいるので、目隠しの横板や背板はいらない気がしてきました・・・・。

DSC04672_convert_20130324212632.jpg

大小二つの机を並べて撮影。
意味のなく、同じものが並んでいるとうれしい・・・。


夜は卒園式用のスライド映像をまとめました。
最初は何にもできなかった子どもたちが、いろいろなことに取り組めるようになったり難しい課題をできるようになったり、成長した姿をスライドで確認できました。「昔はあれできなかったよなあ~~」としみじみ思いました。

後、もう二つ机の改修と、知り合いからの依頼の棚を作れば終わりです。
そして新しいクラスの子どもたちにあわせた構造化の見直しに伴う工事がてんこ盛りです~。



Date: 2013.03.24 Category: 木工色々  Comments (2) Trackbacks (0)

注文山盛り

DSC04643_convert_20130320231534.jpg

本日はパーテーションの制作です。
新しく4月からできる幼児さんの児童発達支援センターからの注文です。
朝にSPF1×4=50本 2×4=25本をホームセンターで購入。
これで90㎝×90㎝のパーテーション10個分の材料です。
ちなみにこの写真に写っているのは2×4の板のパーテーションフレーム部分で、これと同じだけの1×4の板が作業場に山盛りになっています。パーテーション自体制作は簡単なのですが数が多いと単純作業が退屈になってくる・・・・。
土曜日までに何とか仕上げる予定です。

この依頼と前後して机の制作が3個。
扉付きの棚が一つ。

さらに本職では卒園式のスライド制作。
さらに相談支援の追加の予感・・・・・・・。

一言つぶやいてみる。

「ワシが○塾塾長 江田島平八である!」

うむ、何とかなりそうな気分になりました。
Date: 2013.03.20 Category: 雑記  Comments (0) Trackbacks (0)

プットイン(ビー玉)

DSC04612_convert_20130317203341.jpg

塗装したり買い物したりとして夕方に気分転換に以前から作ろうと思っていたプットイン課題を製作しました。ネタ元は「働く自閉症者のための作業改善の工夫とアイディア」より。この本であるが、就労での役に立つ課題や、取り組みやすい環境設定についていろいろと書いてあり最近はまって読んでいるものです。

9個のビー玉を指を滑らせて移動させ、つまんで入れる。
よく考えるといろいろなねらいがありすぎたか(汗)。
ビー玉をスライドさせるのは、ビー玉を一個ずつ取ってほしいと思ったからで、溝が斜めに切ってあるので一番端まで滑らせないとつまむことは不可能。

DSC04610_convert_20130317203420.jpg

ビー玉は穴に入れると「かたんっ!」といい音がしてはまり、指では取り出せなくなる。
この課題はビー玉を滑らせる溝を作るのが面白い製作であった。
とってもスライド丸鋸の斜め切り機能を使っただけなのですが・・・・。
とってもいい気分転換となりました。

Date: 2013.03.17 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

傘立て その2

DSC04599_convert_20130317203523.jpg

本日は朝から塗装にはいりました。
前回家が凄い臭いになったといわれたので今回はウッドデッキで作業しました。
バラバラに分解してから、内側に塗装を塗りたくってから再度組み立て。
薄く丁寧に塗っていくと、前回の本立てよりは上手く塗れたような・・・。

DSC04602_convert_20130317203705.jpg

塗装後、乾かしてから紙ヤスリでムラや塗装がたまった所などを軽く削り取る。
写真ではムラが見えるが、実際にはあまり気にならない程度になった。

DSC04600_convert_20130317203617.jpg

傘を入れたところ。
ちょっと大きめの大人用でこの程度。
ビニール傘ならかなり深く入ってしまうかもしれない。
1,780円の板を二枚使用したが、実際に使った量は3,000円あるなしか。
もちろん余った端切れは新たな素材として江田島家の作業場に積み重ねられていく。

塗装を乾かす間に、次に作る棚の木を買いに行きました。
ついでに全く関係ないがPCも少しいいものを購入した。
これで画像の加工が速くなるかも・・と期待。

Date: 2013.03.17 Category: 木工色々  Comments (0) Trackbacks (0)

傘立て

DSC04594_convert_20130316144309.jpg

今日の午前中は職場の同僚さんから、頼まれた傘立てを製作しました。
だいたいの大きさ指定とハートのくり抜きを入れることが条件。

30㎝幅のパイン集成材を70㎝にそろえて切り、そこから板を18㎝と18,6㎝で切りそろえる。そうすると組み合わせ時に、幅が22㎝、奥行き18㎝となる。この板を裂くのは、くどいが本当にテーブルソーが楽ちんだ・・・。まさに文明の利器。

DSC04593_convert_20130316144236.jpg


そこからハートのくり抜きを糸鋸で行い、トリマーで面取りを行った。
底を少しあけて、仮組を行っていく。
仮組では隙間なく綺麗に合わさるように簡易のジグできつく締め上げる。
これでビス打ちの時に板が歪んだり、ずれたりすることを防ぐ。

DSC04597_convert_20130316144419.jpg

仮組みすると、最上部がいまいち汚かったので、フタのようにして傘を入れる枠をつけてみた。
真ん中の十文字は二本の棒を簡単なほぞを入れて組み合わせてみた。
思ったより綺麗にできたので満足している。

DSC04595_convert_20130316144334.jpg

上のフタはとれるようにした。
傘をたくさん入れたい時にはこちらの方が便利良し。
またBOXの中を掃除したり、ゴミを出したい時にも良いかと思う。

次回は一度分解してから塗装に入る予定である。
塗れた傘も入る可能性が大なので、内側もしっかり油性の塗装をしようと思っています。

Date: 2013.03.16 Category: 木工色々  Comments (0) Trackbacks (0)

円柱落とし・分類マシーン2号・その他諸々

DSC04588_convert_20130313222711.jpg

円柱落とし2号

先日作製したものがなかなか良かったこともあり、余った円柱の再利用で再び作製。
今回は収納を考えて長い棒をたたんでしまえるように改造した。
コンパクトなサイズながら差し込む音はとても綺麗。
とある事業所で使用予定。

DSC04537_convert_20130313223233.jpg

円柱落とし(だるま落とし版)

家に転がっていただるま落としを利用して製作。
円柱落としと同じくいい音で落ちていく。
ただしだるま落としなので最後にだるまの本体を差す必要がある。
そのためにある程度差す順番を意識する必要がある。
また、差すことと同じく「終わり」をより意識するため、達磨をはめ終わるとはめた達磨と棒の高さが一緒になるようにした。
この手の課題は簡単に作れるため作っていて楽しいものである。

DSC04551_convert_20130313222806.jpg

こちらは分類マシーン2号

1号は絵カードを主に使っても分類だったが、こちらは実物の分類。スプーンとフォークで分けたり、完全品と欠陥品に分けるなど、就労系の課題の中からネタを探して製作した。個人的になかなか気に入っているのだが、木枠が大きすぎて実戦に投入していない。段ボールで頑丈に作った方が良かった気がしてならないが、いずれ試そうと考えている。

DSC04532_convert_20130313222943.jpg

日曜日に行った本棚の塗装
写真は二度ほど塗った姿と思われる。

3回ほど塗りる。ヤスリで軽く磨き、再び塗りたくる。ある程度塗れたところで再度組み立てて同時にMDFの板をトリマーで彫り込んだ溝にはめる。
くみ上げたら木の縁など色が薄いところを再度塗り直した。
余談ながら江田島家は塗装の臭いが充満して凄いことになった。しかしながら私個人は油性のにおいが苦ではないため、意味もなく楽しい作業でした。
もう一度くらい塗ってから依頼者に引き渡そうと思っています。

DSC04307_convert_20130224223835.jpg

最後にこのビーズ移し・・・

手先の器用な子どもがピンセットでつまんで入れることに大喜びで大ヒットとなった・・・が!
楽しすぎてやめることができない。終わるとひっくり返してもう一度しようとしたり、友達がしていると横から取ろうとしたりろくなことにならなかった。
「全部なくなったら終わり」と「終わり」を意識させるための課題だったのですが、せめてひっくり返して再びしようとしたり、友達のものをしようとする時はワーク活動なので、支援者に止めてほしかった・・・。

課題の意味をしっかり伝えずに渡したのが失敗だったか・・・・・。
支援者も含めてワーク活動の意味を再検討しないといけなさそうです。
Date: 2013.03.13 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

本棚製作

HI3G0118+(2)_convert_20130310094806.jpg

今週末は知り合いから頼まれた本棚の製作をしました。
奥行きが24㎝程度 横幅内寸45㎝ 高さ120㎝の大きさになっています。
二人の子どもさんが一緒に使用するらしい。
今回は塗装するのでまだ仮組みの状態で、ここから一度ばらします。
なぜか写真が縦にならない・・・。

HI3G0119+(2)_convert_20130310093859.jpg

仮組段階での引き出し。
個人的にデザイン・実用性として私は、くり抜きは好きではない。
依頼者側の希望だったのでハートのくり抜きをした。くり抜いた部分からものが出たり見えたりすると興ざめなので二重に板を配置してハートのくり抜きが目立ち、かつ引き出しの差し入れの時に手がかかる丁度いいスペースをあけた。これで底板を貼れば見た目は綺麗になりそうです。
よく見るとハートの形がずれているのが気になる・・・。

PAP_0120_convert_20130310100520.jpg

棚の最上部
ただ四角いだけでは面白くないと思い、四方から縁を出してものを置けるようにし背面に湾曲した飾り板を配置する。前面はカントリー調が好きな人と聞いたので波の板を付けてみた・・が波の数をもう少し多くすれば良かった・・・・。

PAP_0121_convert_20130310100429.jpg

一度分解して星のくり抜きを入れる。糸鋸で楽勝!と思いきや、当たり前だが糸鋸の刃が届かない。あきらめてドリルで無茶苦茶に穴をあけまくり、ジグソーで無理矢理切断。トリマーで面取りを行った。これはかなりの重労働で、普段の糸鋸がどれだけ楽かということが痛感できました。
星のくり抜きも依頼者側の希望だったので、両側に入れたが、一列にそろえるよりも互い違いに配置した方がかわいく思えたので、やってみました。
趣味ではないと思ったができるとなかなか綺麗にできました。細かいところが少し雑になったしまったのがやや残念ですが・・・。

全く関係ないが星をみるとキン肉マンに出てきたテリーマンを思い出す。
作業をのぞきにきた息子にラリアットを炸裂させる。
「しまった・・これじゃネプチューンマンじゃないか・・・」

DSC04392_convert_20130303163055.jpg

この項目と全く関係ないがこの円柱さし

対象の児童が見事にやってくれたそうです。
棒の先端に注目できたとしても手をコントロールして棒の先に入れるのは難しい人だったのですが、先端を目立つようにしたためか、差す棒が短くなり目線が行きやすかったのか、もしくは単に本人が成長したのか・・・。とにかくうれしい結果になりました。


さて・・・ここから本棚は塗装です。苦手な分野なので自信があまりないですが。
Date: 2013.03.10 Category: 木工色々  Comments (0) Trackbacks (0)

プットイン課題製作

DSC04389_convert_20130303162951.jpg

今日はコインいれ等のプットイン課題の製作をしました。
コイン入れは木製のものと空き缶を利用したもの全部で4個くらい作ったのですが、今回はコインを入れる時に、手元にあるコインを全部握りしめてから入れようとする人向けに製作しました。
それプラス、二本の指でつまむ課程をさせたいと思い、木の溝にコインをはめてみました。
きっちり作っているのでわりとコインは出すためにちょっとだけ力がいります。自分で試してみたのですが、コインを取り出す感覚は結構楽しい・・・。その代わりコインをプットインしても思ったより音はいまいち・・・・。

今回は見た目を綺麗にするために木の端を斜めに切断し、木の断面が見えないように作り、フタも綺麗に見えるような作り方をしたのですが、当たり前だが課題の目的には全く意味なし。

DSC04391_convert_20130303163032.jpg

コイン入れの木工ボンドが乾くまでの間に、段ボールの中から机を切り抜いた時の丸い板を発見。
プットイン課題をもう一つ作りました。
こちらも似たようなものは以前作っています。しかし前回のものよりも格段にコンパクトにできています。課題が増えてくるとかさばるものは困るので、最近はなるべくコンパクトに作ることを意識しています。

こいつの1号は人気は良かったのですがやや大きさが大。2号は差し込むのをブロックでなく、ひも通しの玉にしたため、子どもには大人気だったが、差し込む穴を見ながらはめるのが難しい重度の子どもさんがいました。

そこで今回は集中力があまりないが能力的にはやや高い身体の子どもさんにねらいを絞って製作しました。円柱なので丸いものに比べると刺す穴の位置はわかりやすいと思う。さらに棒に通しやすいように10㎜の棒に対して12㎜の穴を円柱にあけた。穴の周りは面取りをし、スムーズに棒に通るようにした。
また、棒に差そうとしてするが、棒の位置が分かり難いのか、見えにくいのか上手くいかない人もいたため、通す棒の先は赤く塗装してみた。とりあえずやってみると差すたびにいい音がした。
円柱は土台に少しビットとトリマーで彫り込んで作った穴に軽く差し込んでいる。

4月からのことでいろいろとしないといけないことは多いのですが、逃避行動として課題製作が進んでしまう・・・。
Date: 2013.03.03 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

トングつかみ課題2号・3号

前回、木枠とブロックの隙間がなさすぎて難しくなってしまったトングの課題を改良しました。
今回は、毎度ながら大量にありすぎる、ひも通し用のブロックを再利用しました。

DSC04379_convert_20130302231025.jpg

まずは適当な木の切れ端を同じ幅にそろえて切っていきます。

DSC04382_convert_20130302231138.jpg

切りだした板で四角い囲いを作り、その中にブロックの大きさに合わせて仕切りの板をはめていきます。

DSC04383_convert_20130302231223.jpg

とりあえず木枠が完成。
後はこの木枠を土台の板に貼り付ければ完成です。

トングつかみ課題2号

DSC04386_convert_20130302230901.jpg

今回のものは前回と違い、ブロックの頭が出ているのでトングでつかむのもわりと容易でした。
これで少し不器用な人でも取り組める課題となりそうです。
この写真のものは重度の人用に摘み上げたブロックを入れる枠も横にくっつけました。
重度の障害の児童さんは視野も狭いのでこいつで試そうと思っています。

トングつかみ課題3号

DSC04387_convert_20130302230942.jpg

こちらは、予備として作っていたのですが、同じものでは面白くないのでシンプルに作りました。
摘み出したブロックは別の容器に入れてもらおうかなと・・・・。
手を動かす範囲や、見なくてはいけない範囲も広くなるので、それなりにできる人に試そうかと思っています。

今日は他にも以前作っていまいちだったくるくるスライダーの2号を作ったりしましたが、どうもいまいちで、見事に失敗してしまいました。氷の製氷皿を使った課題も作ってみたのですがこれまた上手くいかず・・・。今日は写真でアップしたトングつかみしかまともなものができませんでした。残念!

Date: 2013.03.02 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ