バトルシップ その2

昨日のヤスリがけや木の切断が堪えたらしく、本日はかなり寝ていました。
それでも反対側の副砲もつけていないしと・・・起きあがって作業開始する。そのうちエンジンがかかってきたのか、後部艦橋と後部マストを追加する。

DSC00554_convert_20130630204948.jpg

後方部分より

副砲はすべて可動するようにしたが、砲身がやや長すぎた気がします。
煙突の合間に後部艦橋を設置。

DSC00553_convert_20130630204922.jpg

今度は前方より

艦橋横の連装砲は高さを低くしました。
おかげで見た目的に落ち着きましたが、なんだか砲身が長い!
これじゃ秋月級の65口径なみに見えます。
というかこの時代の船に高角砲や砲塔形式の副砲はない気がしますが、完璧に気分でつけてしまいました。気分的にはレーダーやゴールキーパーもつけたくなってしまいます・・・。

DSC00550_convert_20130630205054.jpg

やや上方より。

廃材で適当に作ったので仕方がないが、船体はもう少し長い方が良かった・・。

DSC00549_convert_20130630205014.jpg

前方斜めより
今日も体が痛いのに賞もないことに力を使ってしまいました。
サボイヤと同じく作ったは良いが、どうするんだこいつ!

Date: 2013.06.30 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

バトルシップ

DSC00530_convert_20130629223434.jpg

やっと逃避行動の製作が終わったところで、今度は船が作りたい!
というわけで宮崎監督作品の戦艦を元にアレンジ。
ちょっと副砲を減らしたり、付け加えて製作です。

DSC00498_convert_20130629223029.jpg

SPFの廃材を糸鋸でくり抜き、トリマーで副砲をはめ込む部分を削り取ります。船体は粗めのヤスリでしっかりこすって形を整えておきます。

DSC00501_convert_20130629223144.jpg

ぴったりはまるサイズで副砲の基部を丸棒で作り、はめていきます。
上部構造と艦橋を追加。

DSC00503_convert_20130629223211.jpg

主砲の製作。
主砲は面倒なことになりましたが、8㎜程度の丸棒になるよう削り込みます。先端に穴を開けて大砲らしくしました。寸法の関係でやや太い主砲になったのは少し残念です・・。

DSC00505_convert_20130629223259.jpg

主砲を取り付け、煙突やマストを仮置きしてみる。
宮崎監督作品では煙突が6本あったが、適当な木が6本置くことが出来ないので、4本に減らす。

DSC00535_convert_20130629223840.jpg

意味もなく連装砲を艦橋横に設置。
また、艦橋はすこし高くする。
単装の副砲は最後尾のものをのぞき、すべて自由に稼働する。
主砲・・やはり太い(汗)。

DSC00545_convert_20130629223813.jpg

上部より。

DSC00541_convert_20130629223731.jpg

現状のすべての装備を装着状態での写真。
後は反対側の副砲やマストの追加程度か・・。
元々船は好きなので製作して楽しいものとなりました。

Date: 2013.06.29 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

サボイアS.21 その4

DSC00040_convert_20130626221110.jpg

本日、フロート部分・プロペラ等を製作。
くそ忙しいさなかの逃避活動に終止符が打たれました。

DSC00059_convert_20130626220615.jpg

プロペラ部分。

形を彫りこみ、実際のプロペラと同じく羽根の捻りをくわえました。
エンジンと主翼の接合部分の支柱は実際は斜めになった細い棒ですが、そこまで再現する気になれず、4本の細めの柱でつなげました。

DSC09995_convert_20130626220505.jpg

機首の機関銃部分

細いドリルで穴を開けて周囲を少し削り取りました。この写真の状態からさらに穴を少し大きくしてデザインナイフで形を整えています。

DSC00020_convert_20130626220842.jpg

後方からコクピット部分

コクピットは18㎜のドリルで彫り込んでから周囲をヤスリで整えて完成させてます。

DSC00050_convert_20130626221010.jpg

プチ飛行状態

フロートはもう少し主翼に近寄ってもよかった感じです。
ややごついながらも原作に近い感じがでたかなと思います。

ただし支柱等は細いので子どもに持たせて遊ぶわけにはいきそうにないのが残念。第二次大戦あたりの戦闘機なら構造邸にも頑丈でおもちゃとして作製できそうですが・・・・。

さて・・作ったは良いがどうするか。
処分に困る・・・。

おそらく二度と作らないと思います。


Date: 2013.06.26 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

サボイアS.21 その3

DSC09900_convert_20130624204532.jpg

本日はエンジン部分のディティールアップを行う。
エンジンからつきだしている様々なパーツを製作。
小さいパーツを糸鋸で切り出し、ヤスリをかける。パーツとパーツは小さい木片で接着する。強度を上げるため木片で接着する部分はデザインナイフで少し切り込んではめ込むようにする。

DSC09902_convert_20130624204615.jpg

プロペラの頭部分。
糸鋸で適当に凹っと切り出し、プロペラがはまる程度にナイフで切れ込みを広げる。

DSC09904_convert_20130624204645.jpg

プロペラの板をはめ込んだ状態。

DSC09906_convert_20130624204743.jpg

すべてのエンジンパーツをくっつけて仮止めしてみる。
さすがにプロペラはついただけでも雰囲気がでます。
ここからプロペラは切れに削ろうと思います。

DSC09909_convert_20130624204817.jpg

反対側方向
ヤスリがけがまだ完璧でないが、なかなか綺麗に出来ました。
エンジンは細い棒で綺麗につなぎ直して、後は左右のフロート部分とコクピット周りの加工が残る程度です。
ああ・・7.92㎜機関銃の穴も開けないとです・・・。

Date: 2013.06.24 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

サボイアS.21 その2

DSC09805_convert_20130623210148.jpg

本日は日曜参観
帰宅後さっそく先日の続きを行う。

DSC09803_convert_20130623210221.jpg

まずはエンジン部分。
大まかな形を糸鋸で切り抜き、そこから色々なパーツを取り付ける部分を切りかく。そこにあわせて別パーツを貼り付けてだいたいの形を作った物が写真。ここからデザインナイフと紙ヤスリでカーブを描いていく。

DSC09821_convert_20130623210311.jpg

ボンドが乾くまでの間に水平尾翼を装着。

DSC09826_convert_20130623210450.jpg

エンジン部分完成でとりあえず仮に付けてみた。この後微調整して本格的に取り付ける。写真はバックビュー。

DSC09814_convert_20130623210403.jpg

下からえぐるように撮影。
なかなか雰囲気がでてきたが、プロペラがついていないと気分がいまいち。
本日はここで終了である。




Date: 2013.06.23 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

サボイアS.21試作戦闘飛行艇

本日は朝から夏祭りバザー用の課題を製作。
しかしながら一度作った物はいまいち作っていておもしろくなし!

DSC09534_convert_20130622200127.jpg

プットインのビー玉入れ
SPFの廃材であるためいつもの集成材より木の厚みがあるためごつい。

DSC09535_convert_20130622200105.jpg

リング入れ・リング抜き
これもSPFの廃材であるため何か見た目がいまいち・・。

DSC09533_convert_20130622200146.jpg

こちらは円柱落とし
やはりごついが、上の作品と比べるとまずまずの出来。

ここでやる気をなくしビールを飲む。
そのまま寝ようと思いながら、ふと作り出してしまった・・。
夏祭りのバザーとも個別課題とも関係ない物を・・・

DSC09529_convert_20130622200323.jpg

「紅の豚」の主人公が搭乗する「サボイヤ S21」

写真は主翼と垂直尾翼まで装着した状態。

DSC09511_convert_20130622200413.jpg

まずSPFの端切れを飛行艇の形にくり抜く。

DSC09514_convert_20130622200509.jpg

そこからノミやヤスリ、スライド鋸・・・様々な道具で無駄な部分を切り落とし磨き上げていく。写真は機首部分である。飛行艇であるため機体下部のラインは大切である!。

DSC09518_convert_20130622200538.jpg

ごりごりと切ったり削ったりしたあげくここまで形を整える。

DSC09520_convert_20130622200605.jpg

途中段階の尾翼も付けてみた。この後尾翼は綺麗に磨く。

DSC09524_convert_20130622200644.jpg

主翼の切り出し。
SPFを薄くテーブルソーで切り、糸鋸で形を切る。
意味もなくフラップ部分は一度切り捨てて、別のパーツを付けてみた。

DSC09528_convert_20130622200346.jpg

主翼を仮止めしてみた。
ここからだいたいの固定する場所を決めてきっちり彫り込んではめ込もうと思っています。

DSC09531_convert_20130622200255.jpg

後部より
コクピットはまだいじっていないが、ドリルとトリマーで彫り込んでリアルにしようかと思っている。なかなか良い感じになってきたがメインのエンジンと水平尾翼がないためまだまだ・・・。
軍事マニアの血が騒ぐのであります!

明日は日曜出勤です。
家族の人が参加しての行事まえに飛んだ体力を使ってしまいました。
他にやるべき事がたくさんあると、全く違うことをしたくなるのはなぜだろう・・・。


Date: 2013.06.22 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

棚+課題

HI3G0141_convert_20130621203604.jpg

水曜日

構造化のやり直しで大量にでた廃材の再利用をかねて棚を製作。教室のちょっとした空きスペースにはまるように製作しました。これまたうまいことに解体した扉の木がちょうどいい大きさでそのまま使えました。

DSC09510_convert_20130621203656.jpg

金曜日
大量のSPFの廃材の再利用第2弾

ごく単純なペグ差しです。
パインの集成材と比べると木の厚みがあったり無垢材の特徴としてそりがあったりするので、見た目は今一歩。それでも色々なタイプを製作して夏祭りのバザーで売ろうと思っています。再構造化ででた小さい木ぎれを何とか消化したいと・・・。

DSC09507_convert_20130621203636.jpg

空き缶を利用したビー玉入れ

これも素材はSPFの廃材。
カンカンに13㎜の穴を開け、小さい切れ込みを周囲に入れています。
切れ込みを入れなくてもビー玉は押し込めましたがわりと力がいったので切れ込みを入れました。指先の力を付けるのに使えれば・・・。カンだけあり、ビー玉を押し込むと音は極大。

明日から少しずつ廃材を使った物を製作して部屋を綺麗にしようと思っています。

Date: 2013.06.21 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

弱視専用課題版

週末の改修工事で体中が痛い状態・・・。
そんな時でも依頼は容赦ない。

「○○先生、相談なんだけど」

こういう時はほぼ工事の依頼と決まっている。
事業所に弱視の子どもさんがおり、机で課題に取り組むと凄まじく前屈みになるらしい。病院の先生からも専用の補助具のような物でも使って机が斜めになるような物を使用した方がよいと言われたとのこと。

「業者に頼め!」 という言葉がでる前に

「業者に頼むのも面倒だし、金かかりますよね!」

「君はニュータイプか・・・?」

と言うわけで夕方から製作してみた。ようは時代劇で昔の人が使っていたように斜めに板があり、課題を置けることと、傾ける角度の調節が利くことがポイントか・・・。

DSC09010_convert_20130617211031.jpg

寸法を間違えてぎりぎりA4のラミネート課題が置けるサイズになってしまった(汗)。

DSC09002_convert_20130617211217.jpg

DSC09005_convert_20130617211238.jpg

写真のようにナットを無理矢理、板にねじ込んでボルトで固定する。

DSC09006_convert_20130617211302.jpg

さらに子どもが課題をする時に手で押しても板が傾かないように突っ張り棒を製作する。

DSC09012_convert_20130617211108.jpg

突っ張り棒装着

つきだしている棒の部分を強く引くと板の角度が変わります。
引っ張る棒はキツキツなのとボルトで締め上げているため子どもが板を押したくらいでは動きません。
いまいちな感じもしますがとりあえず実戦に投入して様子を見たいと思います。



DSC09013_convert_20130617211132.jpg

かなり傾けた状態

ごらんの通りつきだした棒を押したり引くことで、板の角度は無段階に調整可能です。
Date: 2013.06.17 Category: 補助具等  Comments (0) Trackbacks (0)

大規模改修工事ほぼ終了・・・。

kosssitu-2_convert_20130616194543.jpg

片方の扉が未装着のままだったので、やっと扉を付けました。じゃまされずに遊んだりクールダウンになかなかこの個室は威力を発揮しています(今のところですが)。広いところで遊ぶと、ろくな事をしない子どもも、この中だと遊ぶ上に、片付けもしてくれます。
他にクッションを持ってゴロゴロしたりする人もいます。
2部屋完全にできたので、同時に二人使用できるようになりました。これで順番待ちは少し解消できそうであります。

hitoriko-na-1_convert_20130616194452.jpg

続いて、他のクラスの改修に入る。
ここのクラスはワークが好きで、勝手に個別課題をやってしまう人が多数。全く許せないのであるが、自由遊びが苦手な人も多いのも事実・・・。個別課題と自分で選んでする活動をしっかり分けるために一人で活動できるエリアを3つ製作しました。一番奥の棚にパズルや塗り絵など自分で出してやっても良い課題を置くようにできたらと思います。

hitoriko-na-2_convert_20130616194515.jpg

反対側より

それぞれ幅50㎝くらいの小さい机を置いています。
反対のままごとコーナーから茶々を入れる子どもがいるようだったら、ポリカーボネートの板を挟んだ壁でも付けようかと思っています。さてうまくいくかどうか・・・。明日から様子見です。



Date: 2013.06.16 Category: 構造化  Comments (0) Trackbacks (0)

本日も構造化改良工事

kobetu-majikiri_convert_20130615234208.jpg

先週からの改良工事の一環。
格子状の向こう側はワークコーナー。
手前側の狭い二つのエリアは一人でくつろぐ狭めのコーナーとなっています。

視線と光を通すために鉄格子みたいになってしまいましたが見た目は綺麗です。ただ、SPFを細く裂いていったため微妙に木が曲がっていたりします。

pa-te-syon-tobira-dai_convert_20130615234253.jpg

ワークコーナー入り口

おもちゃでも何でも投げ入れてしまうため、扉も高め。
しかし思った以上の圧迫感があったのが残念・・・。

bi-damaenbann-soubityu_convert_20130615234116.jpg

前々回紹介した個室コーナーの外側に取り付けたビー玉円盤おもちゃ。
意外と評判はよくちょこちょこ子ども達が遊んでくれます。
Date: 2013.06.15 Category: 構造化  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ