宇宙戦艦ヤマト(完結編)

DSC00681_convert_20130930225238.jpg

今日は帰宅後、課題でも作ろうかと思いながら体が動かず・・・。
そして結局ヤマトを完成させた。

艦首部分のドームの追加。
3連覇留守レーザーの追加。
以上の作業を行う。
長かった製作もやっとめどがついた。

DSC00702_convert_20130930224635.jpg

艦首部分ドーム。

適当に丸くしたパーツを糸鋸で切り抜いてから磨く!
後は溝にぴったりはまるように祈りながら装着。

DSC00719_convert_20130930224825.jpg

艦橋部分アップ

舷側にミサイル発射口を追加。
劇中でもなかなかよく使用されています。

DSC00707_convert_20130930224943.jpg

後部2番副砲両脇に3連パルスレーザーを設置。

DSC00683_convert_20130930224525.jpg

後方より。

船体下部のバルジや第3艦橋、コスモゼロ発射口
下部に二本突き出した操舵用?のハネなどつけたかったが止めた。
これをつけると完全にディスプレイ用になると思われるため。

また余力があれば船首部分を長くして作り直したいところです。

Date: 2013.09.30 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

パーテーションの合間に

本日は朝から木の買い足し。

パーテーション120㎝を2個製作。
しかし扉付きであるため板の消費が尋常でない!
扉製作にかかる前に作るのがイヤになってしまいました。
この1日と半分で

SPF1×4を80本
SPF2×4を30本
よくぞ切ったものである。
今後の製作は楽になるだろう・・たぶん・・。

お昼で製作を切り上げ、気分転換。

DSC00616_convert_20130929221834.jpg

そうだ!課題だ!

身体のクラスの子どもであるが認知面が高い人向けに欲しいと
いわれていたのを思いだした。

DSC00600_convert_20130929222040.jpg

10㎜の角棒を4㎝にあわせて切りまくる。
そしたら木工ボンドで色々な形にくっつけあわせる。

DSC00606_convert_20130929222126.jpg

土台部分は18㎜パイン材を2枚。
形を見ながら手首を回転させる木的なため、形に目が行き
やすいように底は真っ赤に塗る。

DSC00616_convert_20130929221834.jpg

完成
ちょうど2個出来ました。

DSC00609_convert_20130929221905.jpg

こちらは型はめによるマッチング。

45㎜四方の木の棒を薄くスライスして中をくり抜いて、
同じくスライスした同じ45㎜四方の板にボンドで固定すると
写真のような真ん中がへこんだパーツが出来る。

木枠の土台は18㎜パイン材を張り合わせて製作。
土台はネジで板どおしをくっつけているので必要に応じて
分解して台紙を交換できるようにした。

パーツ部分もラミネートした絵をはめ込み出来るようにした。
また明日以降作り込む予定。

DSC00602_convert_20130929222101.jpg

最後に机

先日の職員研修で外部の先生からの指摘によって製作。
ちょっとしたスペースに持ち込んでおもちゃで遊べるように・・・

30㎝幅の板と廃材の組み合わせです。

Date: 2013.09.29 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

大量パーテーション

本日は朝からパーテーション製作。
他事業所のものです。

2×4を30本
1×4を60本

朝から切って切って切りまくる。
それでも材料は足りない・・・。
明日はまた買い足しに行かないといけないようです。

事業所丸ごとの構造化なので量が半端ではありません。

DSC00596_convert_20130928190125.jpg

60本分の1×4をすべて85㎝に切断した画像です。
これでも全体の半分にも届かない量であります。

DSC00598_convert_20130928190228.jpg

180㎝の長さのパーテーション木枠。

180㎝になるとさすがにでかく、製作が困難。
もはや忍耐と、体力の限界に挑戦のレベル。
この状態から壁板となる1×4をうっていきます。

DSC00599_convert_20130928190250.jpg

120センチ大パーテーション

こちらは扉付きのパーテーションです。
ここの事業所はコーナーごとに扉をつけるようです。
木の節約で扉を引き込む範囲だけ裏板をうちました。

本日の戦況状況。

180㎝パーテーション×2個
120㎝パーテーション×2個
扉付きパーテーション×1個

あと120㎝の扉付きパーテーションを2個作れば第一段階は
終了です。とりあえずは木の買い足しに行かなければ・・。
これだけの量で扉付きのコーナーが二つ出来ることになります。


これが終わったら、さらに大きなコーナーの製作が待っています。
その次にはカームダウンエリア
そしておやつコーナー・・・。

先は長いのである!


Date: 2013.09.28 Category: 構造化  Comments (0) Trackbacks (0)

ラミネート課題(人を意識する?)

kadai-2.jpg

先日の職員研修にて・・・。
外部の先生からのアイディアで製作したものです。
身近な友達と先生を、それぞれ大人と子どもで分類する。
作って試したところ子ども達の食いつきはなかなか良かった・・。

しかし
意外に自分のクラス以外の人は覚えていないようです。
たとえば隣のクラスの先生とかは意外と難しい。
十分覚えるだけの力がある子ども達が、意外とわからない。

一応ヒントとなる辞書を左側に設置。
職員と向かい合ってヒントを見ながらやっていく課題です。
周りの人にも興味や関心が向くように・・・
少しソーシャル的な課題としても目的もあるようです。

子どもや職員の顔写真は少し多めに作っているので、本当に
ヒントの辞書を見ているか試すためにメンバーの入れ替えも
出来るようにしています。

kadai-1.jpg

こちらは、顔写真と名前のマッチング課題。
こちらも2パターンほどバリエーションを作りました。

職員と一緒に楽しみながら出来たらと思っています。

Date: 2013.09.28 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

型はめのマッチング 意外な効果

今日は外部の講師を招いての職員研修でした。

通園レベルの子ども達でも取り組めるような課題のヒントを沢山もらいました!
早速つくりたいと思っています

HI3G0181_convert_20130810211723.jpg

さて、ずいぶん前に製作した型はめによるマッチング課題・・・。
特に思い入れもなくて適当に作ったものだったのですが意外な
効果を発見!

マッチングが出来ない子どもでもこの課題だと取り組める。
何でだ?と思ったのですが理由は意外とシンプル。

ラミネートを使った課題ではラミネートのパーツをペラペラとさわって
感覚的な遊びにはまってしまってマッチングが出来なかったらしい。
これだとペラペラしないためにすぐ取り組めたようである。

理由が分かれば簡単なのですが意外な効果でした。
製作自体は簡単なので色々なパターンを作ろうかと思っています。

明日は大量発注があった事業所に訪問して構造化とパーテーションの
量について打ち合わせ予定。
しばらくは課題どころではないか・・・。

Date: 2013.09.25 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

三式中戦車・3号突撃砲G型

先日作った装甲車がお手軽だったのでと・・
軽い気持ちで戦車に挑戦・・・しかし!

実在の戦車は型どりが難しい。
意味もなく1/100サイズで製作開始。

DSC00363_convert_20130923193444.jpg

車体の削りだし。
木片を工作用の目の細かいノコギリで切る。
斜めのカットやわずかな切断もこなしてくれる便利なノコです。
ナイフに比べて疲れず大きく切り取れるのがうれしい。

ある程度ノコギリでカットしてからナイフで削り込んだり、
段差を彫り込んでいく。

DSC00365_convert_20130923193504.jpg

三式戦車つくりかけ

こいつは砲塔がでかいのが特徴。
戦争末期、材料も技術も不足してからか・・・。

砲塔は正面からだと大きく見え、側面だとやや小さい。
しかしたいていの方向からは大きく見えるという不思議デザイン。
こいつは砲塔の形が微妙でここに手間取りました。

キャタピラはごらんの通り、わっか状にくり抜いた木を彫り込む。
ギア代わりに丸棒を組み込んで完成です。

DSC00369_convert_20130923193345.jpg

完成写真

こいつは司馬遼太郎や宮崎監督の話にもよく装甲のネタがでる。
真偽は不明ながら資源不足で装甲用の鋼鉄でなく、ただの鉄が
使われていたという逸話がある。
75㎜砲はタダの野砲で戦車砲ではない。
決戦兵器として期待されたが、これではシャーマンにボコボコだったろう。
まだ97式のほうが良いのではないかと思うくらいである。
60両近く生産されたが実戦では使われず、わずかに現存しています。

そこそこ大きい戦車が日本にもあったというだけでうれしくなる所で
ある。4式まで作られ、5式戦車は完成前で終戦となっています。


DSC00367_convert_20130923193531.jpg

こちらはドイツ軍 3号突撃砲G型である。
ドイツ戦車の中ではとりわけ私が好きなのが3号突撃砲です。
戦車なみの装甲と機動力と防御力。
敵陣地を粉砕する破壊力!
現場からは戦車5台よりも突撃砲1台よこせ!といわれた逸話がある。

写真は三式と同じくキャタピラをつけるところ。
丸棒がギアとして中に入ります。
突撃砲ゆえに砲塔は無し。
実にシンプルなのですが、車体形状が意外と複雑で苦戦。

DSC00371_convert_20130923193255.jpg

完成写真

若干前方の方ができてません。
突撃砲だけあって車高は低い。

DSC00376_convert_20130923193226.jpg

三台そろい踏み。

ドイツ軍の中では比較的コンパクトな3号突撃砲ですが、
三式中戦車よりでかいです。

装甲車は遊びなので縮尺は適当。
実際にはもっと小さいはず。

DSC00362_convert_20130923193411.jpg

気分転換

ぎゃ==!

DSC00378_convert_20130923193154.jpg

地味に悪役と対決。

三式は無理でも3号突撃砲なら勝てそうな気がします。

DSC00381_convert_20130923193129.jpg

連休中、なにげにパルスレーザーすべて設置完了。


さて、明日からまじめに仕事をしよう。


Date: 2013.09.23 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

悪役1号(戦車) その4

DSC00350_convert_20130922155741.jpg

残りの機銃を取り付けて本日完成です。
ハッチ部分など作り込みたいところもありますが、面倒になりました・・・。

こんな戦車を作るやつは誰もいまい!とおもっていたら、最近のプラモデル
雑誌に作例がでていました。びっくりでありんす。
タダこちらはプロが作るだけあり、リアルに作り直したものでした。
さも実際にありそうなデザインになっていました。

DSC00352_convert_20130922155808.jpg

直上より

DSC00354_convert_20130922155859.jpg

装甲車

本日一番の逃避活動。
悪役1号の破壊活動中にワンカットだけ登場していた装甲車。

大きさは極小サイズです。
長さが6~7㎝程度 高さもせいぜい5㎝ 幅は3㎝くらいか・・・。
砲塔旋回可能。

DSC00359_convert_20130922155920.jpg

後部より

バンパーとか覗き窓はカットがないため適当なアレンジ。

DSC00351_convert_20130922155831.jpg

両者並べるとこんな感じ。
悪役1号は手のひらを広げた程度の大きさ。

しばらく眺めてから、どこぞの子どもの所にでも旅に出す予定です。
それにしても戦車って意外と作って楽しい・・・。

戦艦に比べると作りが楽である。

装甲車サイズの極小戦車を作ってみようかと考え中。
1時間程度で出来る上におもしろい・・。

Date: 2013.09.22 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

悪役1号(戦車)その3

DSC00322_convert_20130921205652.jpg

本日はキャタピラの製作と砲塔周りのディティールアップを行う。

DSC00317_convert_20130921205350.jpg

キャタピラ制作途中

このようにテーブルソーでT字の棒を作る。
こいつをスライド丸鋸を使い、同じ幅で切りとばす。
切りとばしたパーツをナイフで細く削り込むとパーツが完成。
沢山つけていくとキャタピラになります。

DSC00327_convert_20130921205503.jpg

キャタピラ装着画像

T字のパーツを連ねてキャタピラになる。
思ったよりリアルに出来ました。
原作では真ん中にもキャタピラがあったのですが・・・
省いてしまいました。

DSC00334_convert_20130921205847.jpg

後部より

三連装機銃砲塔のけ刷り込みと銃身を設置。
キャタピラの両サイドに砲塔の基部を2個ずつ設置。
銃身はまた明日にでも・・・。

はっきり見えませんが主砲の砲塔後部にダイナマイト発射管?
を左右2個ずつ設置。

DSC00337_convert_20130921205930.jpg

主砲前方より

主砲の砲身周りに一枚装甲を追加。
ライトや照準用サイト?を砲塔周りに設置。
車体前部にドーザーを設置。

DSC00329_convert_20130921205816.jpg

別方向斜めより。

司令塔も地味に伸縮できるように改良。
砲塔部分も色々ついてきたので原作に近い形になってきました。
後はハッチや覗き窓。
多少の機銃、モールドの彫り込みか・・。

意味もなく悪の豚を彫り込んで乗せたい気分である。
気が向いたら作ってみよう・・・。


そんな夜。
他事業所から大規模発注あり。
気分転換と現実逃避もそろそろ終わりのようです。


そうだ!仕事だ。

Date: 2013.09.21 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

悪役1号(戦車) その2

本日は主砲と両側のキャタピラ基礎部分を中心に製作。

DSC00305_convert_20130920223349.jpg

車体向かって右側の砲ですが、丸棒を組み込んで上下に稼働する
ように変更しました。
主砲の170㎜砲は6㎜の丸棒。
230㎜の臼砲は8㎜の丸棒。
75㎜速射砲は4㎜の丸棒で製作。
主砲基部の装甲が地味に製作困難でした。

両側のスカート部分はキャタピラがくる部分をテーブルソーでカット。
後日キャタピラを張ろうと思っています。
スカート部分にも砲塔と機銃用砲塔を設置。
スペース的にかなりきつい。

DSC00301_convert_20130920223455.jpg

横側より。

実際のものよりやや長さが短いか・・・車体。

DSC00308_convert_20130920223326.jpg

後方より

後部機銃砲塔を設置。
また明日にでも機銃の砲身を設置しよう・・・。

悪の大差専用展望台を頂上の穴に差し込む。
10㎜の丸棒を仕込んで伸縮式にする予定。

DSC00314_convert_20130920222851.jpg

全体図

やや実物と違う形になってしまいました。
雰囲気は少しでてきましたが・・・砲塔もやや小さめ。
平面の絵を立体にするのって意外と難しいと感じました。

Date: 2013.09.20 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

悪役1号(戦車) その1

完成目前の木製ヤマトを見ながらフォルムの確認。

しかしながらデザイン的に間違えているところを多々発見。
ネットでかなり探してみると、結構資料がありました。
プラモデラーの人たちがかなり図面を描いていました。

もう一度ヤマトとアンドロメダを作り直そう!

と思いつつ全く違うものに手をつけてしまいました。

DSC00206_convert_20130919222611.jpg

宮崎監督の雑想ノートより
悪役1号である!

時代設定は不明であるが、全く持って遊び心満載の作品。
170㎜カノン砲・75㎜速射砲・230㎜臼砲等を砲塔に装備。
後部に3連装機銃砲塔2機・・・その他 砲・機銃数えきれず・・。

悪の豚が、美少女を誘拐し帝都に進撃という意味なしの設定がある。

DSC00199_convert_20130919222851.jpg

前部より

主砲はとりあえず撮影のためにつけたが、後日改めて製作予定。
前部の機銃とサイドの大砲をつける。
サイドに装着の大砲も後日上下に動くように作り直す予定・・・。

いつものようにSPFの2×4を糸鋸で切り出してひたすら削る。

中央部分の穴には悪の親玉専用司令室(伸縮式)を追加予定。
主砲の砲塔も後日色々な出っ張りやパーツをつけなくては・・・。
メインの主砲は前後左右に可動予定。

DSC00200_convert_20130919222733.jpg

後方より

後部運転席や3連装機銃砲塔の基部を設置。
ここらあたりもひたすらナイフで削った・・・・。

DSC00195_convert_20130919222805.jpg

こういった感じでキャタピラと左右の出っ張り、砲塔を追加予定。

DSC00204_convert_20130919222647.jpg

ヤマトと・・

こうやってみるとガミラスの戦車を思い出します。
3連装砲塔の戦車はなかなかかっこよかった記憶が・・・。

明日はまた帰宅してから主砲や後部機銃砲塔を製作しようかと
考えています・・。

そういえばペグ差しを頼まれていたような・・・。
リベットさしパート2も製作しないとです。



Date: 2013.09.19 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ