コスモタイガーⅡ その2

本日は今度行う祭りで使う自動販売機の改良を行う。
3種類のボタン→4種類のボタンに。

HI3G0677_convert_20131031214702.jpg

自販機改良後に先日から製作のコスモタイガーⅡの
細かい艤装にはいる。

HI3G0679_convert_20131031214735.jpg

4つのミサイルと車輪を追加。
コクピット後部のパルスレーザーを設置。

HI3G0678_convert_20131031214718.jpg

後方より

HI3G0680_convert_20131031214749.jpg

全体的にいい感じになりました。
ちなみにスケールは1/200
全長85ミリです。

Date: 2013.10.31 Category: 宇宙戦艦ヤマト  Comments (0) Trackbacks (0)

コスモタイガーⅡ

本日は帰宅が遅くなってしまい無念。
工具も使えないのでちまちまと気晴らし製作。

そうだ!コスモタイガーだ!

余談であるがこの機体、ヤマトシリーズでは
もっとも好きな機体である。
特に複座型の機銃付きが意味もなく好きである。

HI3G0673_convert_20131030235244.jpg

機体は糸鋸で切り出してからナイフで削る。
写真はノズル部分製作途中。

HI3G0674_convert_20131030235259.jpg

垂直尾翼装備

機体後方の出っ張り(何かの取り入れ口か?)
垂直尾翼装備・機体の微妙なラインの削りだしとヤスリ。

HI3G0676_convert_20131030235329.jpg

主翼装備。

主翼は一枚板から削り出す。
主翼は途中から下方に傾いている。
やや九の字となっている。

HI3G0675_convert_20131030235315.jpg

キャノピー装着。

ほぼ完成が見えてきました。
後はミサイルやちょっとした艤装と車輪くらいか。

Date: 2013.10.30 Category: 宇宙戦艦ヤマト  Comments (0) Trackbacks (0)

PAK FA その2

HI3G0663_convert_20131029200635.jpg

昨日の課題製作後、続きを始めた。
細かいフラップ等の彫り込みと車輪の装着。
ヤスリかけを行う。

HI3G0661_convert_20131029200613.jpg

後方より

メインエンジンのノズルにはリアルにするためにドリルで
穴をあける。

HI3G0664_convert_20131029200657.jpg

車輪の取り付けと
左右の翼付け根のウェポンラックを丁寧に削り直す。

HI3G0667_convert_20131029200534.jpg

Su-47と

Su-47とは2メートルほどサイズが違う。
少しのことだが比べるとPAK FAは一回り小さい。

HI3G0666_convert_20131029200551.jpg

1/200シリーズと

こうやって沢山並ぶと意味もなく楽しい。
そこそこ数が増えてきました。


Date: 2013.10.29 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ディスク抜き&円柱さし

本日は、大阪にある、ある事業所からの依頼。
日曜日に賛美歌13番が鳴り響く。

ディスク抜きである。
手元を見ながら手先や手首、肘を動かすことが必要。

DSC01882_convert_20131028213909.jpg

土台は若干重たい方がディスクを回転させる時に動かない
ため、板を二枚張り合わせて製作。

DSC01883_convert_20131028214107.jpg

こちらは支柱

12㎜の丸棒に10㎜の棒で突起を付ける。
一番下の突起はディスクがすべて入る位置よりも高い場所
に付けておかないと悲しい結末になる・・・。

DSC01884_convert_20131028214131.jpg

ディスク本体

以前の物はディスクを4㎜の合板で作ったが今回は変えた。
実際にやってみてディスクが薄いと軽すぎて重度のこども
さんの場合、手にした感覚が持ちにくい様子。
そのため12㎜のSPF集成材の切れ端を再利用した。
中央の穴は13㎜で開ける。
支柱が12㎜なので、楽に抜きやすいかと思う。

DSC01887_convert_20131028214157.jpg

完成

穴の部分は軽くヤスリをかける。
ディスクの周りはトリマーで丸く削る。
後は使ってみて調整するしかないか・・・。

DSC01886_convert_20131028214218.jpg

こちらは棒さし

高さが15㎝程度と要望があったので円柱は4個
場合によっては球状の物も用意しようかと思っています。

木製の場合・・・
パーツも木製だとすべて同じ色なのでどこを見て良いか
分からなくなったり、目線が散ることも多い。
必要に応じてパーツは塗装を考えています。


Date: 2013.10.28 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

PAK FA

机に絶望して気分転換に製作開始。
F22ラプターを作るつもりが何故かロシア製に・・・

そうだPAK FA でい!

ロシア製のテスト機で、ステルス機である。
ロシア系のエンジンをつり下げているようなデザインが
たまらない機体である。

ステルス製は若干犠牲にし、機体の運動性能を重視して
いるのではという説もある。

Su-47の経験があったためか機体の製作は楽。

ただし・・・

羽根を切っているところでノコギリに木片が巻き込まれて
凄まじく指2本を打撲・・・。
かつて無いほどの痛みを経験しました。
薬指と人差し指が内出血であります。

おかげでヤスリがけは痛い!


HI3G0655_convert_20131026233530.jpg

機体部分がほぼ完成

お昼から夜の11時までひたすらナイフとヤスリで戦う。
ジェット戦闘機は第二次大戦時の飛行機と違い、プロペラは
作らなくて楽だが機体のラインが難しい。

ひたすらヤスリでこすりあげてデコボコを出す。

HI3G0649_convert_20131026233514.jpg

下部より

画像を探していて初めて知ったが翼の根っこの部分・・。
ここにもミサイルベイがあるらしい。

他に胴体中央部に大きくウェポンベイが設けられている。

HI3G0654_convert_20131026233545.jpg

やや正面から

ロシア製特有のエンジン配置。
実に好きな部分である。

明日以降キャノピーやモールドの彫り込みをしていこうと
思っています。

Date: 2013.10.26 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

陶芸用 机

本日は朝から「信長の野望」
やることがある時に限ってやりたくなってしまう一品である。

9時になったところで材料の買い足しにでる。
他事業所のパーテーションに、机の棚、陶芸用の机・・・。

机なら楽勝だぜ!
と陶芸用の机を製作するが、これが思った以上に難航。
よく考えたらサイズがでかい!
それだけに狭いエリアでするのは至難の業。

DSC01865_convert_20131026233152.jpg

まずは45㎝幅の板を83㎝に切り、テーブルソーで切る。
これが机の脚になり、横側の補強の板にもなります。

DSC01866_convert_20131026233226.jpg

90㎝×90㎝の天板であるため45㎝板を連結。
隙間が出来ないように帯で締め上げて固定。
わずかに空いた透き間には木を詰め込んで磨く予定。

この段階でもう机の下を潜って移動になる。
作るのは簡単だが作業スペースの確保が難しい。

そして・・・・
この机、部屋から出るの??

一応試したのですがこの段階では扉からでました。
ただし、下段に棚をつけたらもう出ない気がします・・・。

DSC01867_convert_20131026233305.jpg

ほぼ完成

机自体はほぼ完成。
ここから下段につける棚を作るのと・・・
後は前後どちらからでも取り出せる引き出しを机のすぐ下に
つけることである。

どうやって使うのか謎であるが、天板の高さは85㎝と
一般のダイニングテーブルより15㎝くらい高い。
陶芸で立って使うには便利がいいのかもしれない。

ここまできて部屋の狭さに絶望し、片隅に何とか寄せて
本日の机は終了である。

Date: 2013.10.26 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

クリスマス光るおもちゃ

本日は大雨警報のため職場は休園。
色々と雑用をしていたが、そんな時でも
賛美歌13番が鳴り響く。

職員が普段は絶対出さない甘い声で私を呼ぶ。

・・・・仕事か・・・

自立課題用の棚を作れという指令らしい。
なにやら要望が複雑で細かい。

さらにクーゲルバーン風の壁にかけて使う
おもちゃの製作も別口から舞い込む。


そうだ!
こんな時は逃避だ!
というわけで製作したのは全く関係ないおもちゃ。
クリスマス用の電飾を使ったおのである。
光と音が好きな人にと思って買って置いた電飾を使う。

HI3G0642_convert_20131025223643.jpg

集成材に等間隔に30個の穴をあけて電飾の頭をつっこむ。
音と光を調節する機械も板をくり抜いてはめ込む。
穴をあけるのみなので製作は楽。

HI3G0643_convert_20131025223702.jpg

周りに板を付けていく。

HI3G0644_convert_20131025223716.jpg

完成

壁にかけられるように底の板を長めに付ける。
音がうるさかったのでスピーカーを紙でふさいだ・・・。
音と光の調整スイッチは棒で突かないといじれないようにする。
何でも叩く人が多いので頑丈に仕上げる。

思ったより音が調整できるものの、うるさい。
思った以上に光がちかちかする・・・。
それでもお手軽でわりと楽しそうな物が出来ました。
休み明けに実戦に投入である!

Date: 2013.10.25 Category: おもちゃ  Comments (0) Trackbacks (0)

三式戦闘機 飛燕・Su-47

DSC01860_convert_20131024223527.jpg

ろくろ台製作後、結構長いこと放置していた飛燕と
Su-47に取りかかる。

昨日夜にSuには垂直尾翼を追加していたので本日は
タイヤの装着が主な作業。
若干機体のラインも資料を見て調整しました。

DSC01858_convert_20131024223608.jpg

着地状態

結構タイヤが前に集中しており、バランス悪し。
油断すると機体が尻餅を付いてしまいます

DSC01859_convert_20131024223545.jpg

飛び立つ瞬間

DSC01861_convert_20131024223441.jpg

上昇

DSC01862_convert_20131024223247.jpg

全員集合

1/200集合写真。
こうしてみると現代の戦闘機はでかい!

Su-47完成後、飛燕にプロペラを装着。
これでめでたく完成です。


Date: 2013.10.24 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ろくろ台

本日は夕方帰宅後に依頼に取りかかる。
賛美歌13番がなったのは良いがどうやら依頼に変更が
あったようだ・・・。

大きな机の他にろくろをのせる台がいるらしい。

帰宅して廃材を調べると、どうやら以前作った棚の木が
残っている。しかも40㎝幅である。
早速依頼の寸法の35㎝四方に切りとばす。

DSC01852_convert_20131024223659.jpg

写真のように同じ幅で机の脚や袖を切りまくる。
こういう時にテーブルソーはホント便利。
安物のわりによく働いてくれる。

DSC01853_convert_20131024223723.jpg

足をつけた状態

ここから前後左右に袖を取り付けていく。
つけることで強度もアップしていく。

DSC01856_convert_20131024223630.jpg

完成

色々考えた末に勝手に下に棚を付けた。
下の棚は天板を切った物の残り。
そしてつけることにより強度もでる。
ろくろや粘土を置くと重くなるので頑丈にしてみた。

粘土は湿っているので木が痛まないように塗装も行いました。
それにしても棚の製作の残りとままごと台の木の残り・・・。
芸術的にいい気が余っていて予算0円で製作できました。

実に満足。

Date: 2013.10.24 Category: 木工色々  Comments (0) Trackbacks (0)

飲み物いろいろ

スケジュールの視覚的な合図として作ったビオレ。
何下に人気があるらしい。

しか~~し
手洗いと食事の誘いに使うのでおもちゃとしては
使わすことは出来ない!
決して、断じて!絶対に!断固として~~!

ただ~~し!
タダでさえ遊びや興味がもてる物が少ない子ども達
が沢山いるクラス・・・・。
そんな中、興味を持ってもらえるのは幸い。

ということで自由におもちゃとしてさわれるように
「ジュースでも作ったら?」
「○○ちゃん、コカコーラ好きよ!」


そうだ!ジュースだよ

HI3G0630_convert_20131022223537.jpg

まず18㎜の丸棒を4センチに切って凹んだ部分はトリ
マーで
削って凹ませていく。
ナイフで少し彫り込んでから赤い塗装をする。


塗装が乾くまでに暇だ・・・
そうだ!牛乳だ!爽健美茶だ!

HI3G0632_convert_20131022223501.jpg

牛乳パック。

斜め部分は手鋸で切り落とし、ナイフで三角のへこみを彫る。
至って簡単である。

HI3G0631_convert_20131022223444.jpg

爽健美茶

こちらは適当な木を4㎝の長さに切り、丸い筒状に削る。
丸く削ってからペットボトルの先を削り込む

HI3G0634_convert_20131022223518.jpg

彫り込む途中

適当にラインを入れてから、それにそって削る。
凹んだ部分はしっかり削り込んでヤスリで磨く。


HI3G0637_convert_20131022223626.jpg

完成

赤い塗装が乾きニスも乾いたら白い絵の具でロゴを入れる

塗るのも適当なので極めて楽。
見ていてなんだか楽しい!

gyuunyuu.jpg

牛乳

黒い絵の具で牛の輪郭を描いてからまだら模様をつける。
遊び半分に子ども達の名前をロゴとして書き込んでみた。
※フォギー部分がそれ・・・。

HI3G0635_convert_20131022223604.jpg

本日一番面倒だった爽健美茶。
塗装が面倒。
ペットボトルの質感を出すためにお茶部分は薄い茶色を
何色か使い分けて塗り込んでみました。

並べたり手に持って楽しんでくれればそれでよし。
明日勝負であります。


塗っている最中にまたもや賛美歌13番。
新たな依頼か!
ふむ・・・どうやら今度は机らしい。
どうもオシャレに作らないといけないようだ。
口座56513に入金が確認され次第仕事に入ろう(違


Date: 2013.10.22 Category: THE リアルシリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ