ティーガーⅠ型 改修工事

最近は仕事が忙しくて疲れたのか早々に寝る毎日。
新しくヤクトティーガーを切り出そうと、下書きを
したものの止める・・・。

なんだかんだと以前から気になっていたティーガー
の改修工事を始めてしまいました。

HI3G0681_convert_20131102222705.jpg

改装前

全体的にはいい感じなのですが、車高が高すぎる!
実寸で言うと3㍍50㎝以上の高さになってしまう・・・。
(実際は3㍍弱の車高であります)

というわけで砲塔をはずし、砲塔のスリム化と車両自体の
高さを削って低くしてみました。

HI3G1305_convert_20140131231422.jpg

改装途中・・・

砲塔が少しへちゃげて平たくなってます。
車体の前面に一枚板の装甲を追加。
また装甲に運転用のぞき窓、リアルに作り替え。
機銃も装甲に丸く穴を開けたところにはめ込みました。

HI3G1306_convert_20140131231452.jpg

毎度の砲塔旋回!

HI3G1310_convert_20140131231545.jpg

車体のみ状態

前面の装甲追加や機銃設置の変更部分がよく分かるかと
思います。車両自体の高さも低くなってます。
明日は車両にハッチや小道具を満載させようと思ってます、

HI3G1308_convert_20140131231529.jpg

砲塔拡大

薄い木の板を張って微妙な装甲の厚みを再現。
キューポラやハッチを小ぶりに変更。
地味に砲身基部に同軸機銃を設置してます。
(真正面カットから見たら機銃が分かると思います)

HI3G1307_convert_20140131231512.jpg

後ろから

今日はあまり後ろはいじっていません。
マフラーの設置や細かい部分はこれから・・・。
後ろに何もしてないためのっぺりしていて寂しい・・。

明日は個別課題を少し作らないといけないのですが、
合間を見てまた続きをしたいと思います。




Date: 2014.01.31 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ティーガーⅠ型 H2 その3

今日はごく細かい備品の装着。
工具や履帯の予備の製作をしました。
細々した物をつけていくと見た目が良くなってきます。

HI3G1296_convert_20140129201824.jpg

ショベル

木の板をナイフで彫り込んで製作。
実に小さくて作っていてもどかしいが慣れてくると意外に
手早くできるようになりました。
制作中に床に落とすと木屑に混じって探すことは不可能。
何個か作ることになります・・。

HI3G1297_convert_20140129201843.jpg

転輪の切り出し

転輪は6㎜棒をレーザーソーで切り出します。
この作業は地味に面倒・・・。

HI3G1302_convert_20140129201757.jpg

完成

今回は運転用ののぞき窓をリアルにしてみた・・。
ライトと履帯の予備も装着。

HI3G1301_convert_20140129201929.jpg

サイドビュー

横側にはバールや鉄パイプなど少々装着。
全体的にはいいフォルムでまとまりました。

次は4号H型改良プランタイプ・・・
それとも無反動砲タイプ・・・
パンターと同じ70口径75㎜砲搭載型・・・
何を作ろうかと考え中。


おまけ

HI3G1304_convert_20140129201733.jpg

大洗 戦車チーム集合

ほぼすべての車両がそろいました。
あとはヘッツァーがあれば新旧勢揃いです。
うむ・・なにがしたいのだ。

仕事は忙しいはずなのに余裕こいてます・・・。




Date: 2014.01.29 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (2) Trackbacks (0)

ティーガーⅠH2 その2

今日は帰宅後作業。
細かい部分の製作を行う。

HI3G1292_convert_20140128202323.jpg

ティーガー後部製作

前回のティーガーよりも少し細かく作りました。
写真はパイプ部分です。
細い棒を九の字にナイフでくり抜いて、細く削って製作。
排煙部分も今まで丸棒を裂いたのみでしたが、若干の
太さの違いを出してリアルにしました。

HI3G1293_convert_20140128202305.jpg

前から・・

履帯の前にガードの板を装備。
機銃も設置。
砲塔の前にハッチを装着。これは見た目的にいいのですが
砲塔が引っかかって360度回らなくなりました(汗)。

HI3G1294_convert_20140128202246.jpg

後部より

砲塔後ろに機銃を増設。

HI3G1295_convert_20140128202220.jpg

全体図

全体的なプロポーションはなかなか整ってきました。
後は履帯の中の転輪と、予備の履帯装備。
そしてシャベル等の工具類・・・。

今日一気に完成させようと思ったのですが・・・
いつも堅い椅子に座って作業しているためかお尻が痛く
なってしまい痛みに耐えかねて作業終了。

今後座布団を買う必要がありそうです~。



Date: 2014.01.28 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ティーガーⅠ H2

今日は帰宅後、家族で出かけたりして時間が無し。
それでも少々作業は出来ました。


今回はティーガーⅠの幻の改良版H2である。
こいつは88㎜砲の代わりに改良された75㎜砲を搭載。
ティーガー100台め以降の車両はこいつになる予定
だった・・・・が。

新型の75㎜砲は相当に強力であり、貫通力では88㎜
砲よりも強力な部分があった。
ちょうど同時に開発していたパンターにこの新型砲は
回されてしまいティーガーに採用されることはなかった。

HI3G1286_convert_20140127214702.jpg

車体接着

切り出したパーツの薄い板を接着。
クランプで止めまくる。
この後、家族で食事に出かける・・・。

HI3G1287_convert_20140127214727.jpg

砲塔と主砲

砲塔は直線と曲線で構成されていてかなり微妙なライン。
砲身は防循の部分は木片から削りだし、砲身は4㎜棒を
削って形を整えました。

HI3G1291_convert_20140127214830.jpg

仮組み

ほぼ全体的には完成。
後は細かい部分押し上げになります。
砲塔はかなりパンターと同じ感じです。

HI3G1290_convert_20140127214815.jpg

バックビュー

まだ細かい部分は何もしてないのでのっぺりしてます。

HI3G1289_convert_20140127214850.jpg

主砲旋回!

明日以降細かい備品や後部の排気部分、前面の機銃等
装備していこうと思います。


Date: 2014.01.27 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドイツ陸軍 自走砲ホイシュレッケ その2

今日は出勤日でした。
園で保護者も交えての餅つきをしました。

帰宅後しばし昼寝をしてしまいましたが、
起きてから作業開始。
といっても・・・
細かい装備品を作るだけなのですぐ終わりました。

HI3G1283_convert_20140126212532.jpg

両脇に予備の転輪を1個ずつ装備。
履帯の予備・装甲板代わりの物を追加。
ライトの追加

HI3G1284_convert_20140126212515.jpg

バックビュー

車体は4号J型と同じ。
マフラーを装備し、その後ろにタイヤをつける。

このタイヤは砲塔をおろした時に、降ろした砲塔の両側に
装備して移動トーチカのようにして使うらしいです。

HI3G1285_convert_20140126212429.jpg

横から

地味にショベルなどを追加。

HI3G1282_convert_20140126212548.jpg

砲塔旋回!

こいつは自走砲の癖して砲塔が回転するようです。
試作品としてわずかに完成したのみですが現物も残って
いるみたいで、びっくりであります。
まあ、フンメルやナースホルンの方が役立ちそうですよね。
計画が中止になったのも無理無いところです。



次回はティーガーH2 75㎜砲搭載版を製作予定。
車体のみ切り出して本日の作業終了。



Date: 2014.01.26 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドイツ陸軍 自走砲 ホイシュレッケ

課題やらなにやらの後、結局戦車・・・

いや、今回は自走砲である。
ドイツ自走砲、ホイシュレッケ(バッタという意味)である
こいつは実にマニアックで砲塔を取り外してトーチかとして
また、普通の大砲として使用できた。
そのため、特殊な仕掛けで砲塔が動く・・・。

ちょっとしたアイディアであるが、こんな事に力を入れた
ドイツの几帳面さは凄まじい・・・。
結局試作に数台出来たが、フンメルとかのほうが使いやすく
量産は見送られた。

HI3G1273_convert_20140125232834.jpg

砲身製作

砲身はいつも何か長い物にくっつけてから削る。
完全に削ってから、パーツを切り離す。

HI3G1274_convert_20140125232856.jpg

砲塔製作

砲塔は7角形。
糸鋸で中をくり抜いてから、底に板を当てる。

HI3G1277_convert_20140125232801.jpg

完成間近 正面斜めより

HI3G1280_convert_20140125232723.jpg

後方上部より

HI3G1279_convert_20140125232742.jpg

同じく後方

砲塔を持ち上げるクレーン等でゴチャゴチャしている。
車体から後ろにクレーンが突き出しています。
この仕組みの見た目のために「バッタ」の名前が付いた
ようであります。

HI3G1281_convert_20140125232641.jpg

斜め上方より

明日以降、細かいハッチや小道具をつけて完成させようと
思います。
最近4号戦車車体を使った車両を作ってばかりなので
図面を見なくても作れそうです。


Date: 2014.01.25 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

洗濯ばさみの分別・ペットボトルのフタ締め

今日は10時近くまでごろごろ・・・

そこから先日作りさしだった課題の続き。
前回高さがありすぎた箱の高さを低くする。
ネジの穴を木栓でふさぐ。
後はフタの仕上げ。

HI3G1271_convert_20140125232609.jpg

完成

HI3G1272_convert_20140125232626.jpg

上の方より

洗濯ばさみと板を引き抜いて二つに分け、それぞれの穴に
入れ分ける。無理矢理入れようとしても形が合わないと
入らないようにしています。

穴に落とすことにより、自分の行為がはっきり分かります。
ただ、木なので穴の部分が見にくいかもしれません。
その時には穴の周りに色でも付けないとです。

HI3G1269_convert_20140125232515.jpg

ペットボトルのフタ締め

ペットボトルのフタの付け根からレーザーソーで切り落とす。
後はペットボトルとお案じ大きさの穴を均等に開けていく・・。
が・・・ここで飽きてしまいました。

明日以降、フタの間隔を決めてコンパクトに作ろうと思います。



おまけ

HI3G1270_convert_20140125232546.jpg

職場の石臼を置く台

以前大工さんが作った物らしいのですが、ぐらぐらしていた
ので、持ち帰って補強工事をしました。
木が結構痛んでいたのでかなりの補強!と思ったのですが
かなり堅い木だったようでネジを打つだけでがっちり固定
ができました。

木が堅かったので無理にネジを打つとネジが折れてしまいま
した。


Date: 2014.01.25 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

ドイツ陸軍 4号戦車J型 その3

本日は8時回ってからサイドスカートの製作。

余談であるが・・・
この戦車、ガルパンのミポリンが最終話で搭乗した戦車と
同じタイプである。(実際H型かJ型かは不明。車体後部を
見ればどちらか判断できるかもしれませんが)

SPFの木ぎれをレーザーソーで1㎜程度の厚みに
切り出す。形を整えて装備。

HI3G1259_convert_20140124213503.jpg

サイドスカート固定中

砲身を穴に差して固定し、サイドスカートを接着。
丸棒の支柱をつけて車体から浮かせて装備しました。

HI3G1260_convert_20140124213534.jpg

アップ画像

ライトやバール・増加装甲代わりの履帯。
それぞれ彫り込んであるのが分かるかと思います。
どうも最近は細かい小道具作りが楽しい・・
楽しくてたまりませぬ。

HI3G1264_convert_20140124213558.jpg

完成(正面から)

砲塔の形が少し違うのですが、全体的にはいい感じ。
砲塔前面の大きさがもう少し広ければ完璧だったのですが・・

HI3G1266_convert_20140124213625.jpg

バックビュー

HI3G1268_convert_20140124213642.jpg

正面より主砲旋回

HI3G0719_convert_20131108220658.jpg

一番最初の作品 4号E型 75㎜短砲身


HI3G0771_convert_20131116204806.jpg

同じ4号車体の第2作品 ブルムベア突撃砲

HI3G1241_convert_20140118213934.jpg

ごく最近の第3号 4号車体のクーゲルブリッツ

こうやって作った順番に見ていくと同じ4号線社シリーズでも
作るたびに細かくなっているのが自分でもわかります・・。


Date: 2014.01.24 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドイツ陸軍 4号戦車J型 その2

今日は帰宅が遅く、いろいろあり少しだけ作業。

砲塔周りのシュルツェンを作る。
薄い板をボンドで張り合わせながら形を作る。
実に地味な作業・・・。

そして装甲がわりの履帯も車体上部に追加。
ライトや工具を少々。
作った物は少しだが細かい物多いので時間はかかりま
したが、いい気分転換になりました。

HI3G1253_convert_20140123233515.jpg

現在の状態。

色々ついたのでずいぶん4号戦車らしくなりました。
シュルツェンがつくとそれらしく見えます。
後はサイドスカートをつけるのと細かい装備くらいです。

HI3G1255_convert_20140123233617.jpg

後部より

後部はクーゲルブリッツと一緒ですが、少し丁寧に製作。
後部の細かい部分はこれからになります。

HI3G1254_convert_20140123233602.jpg

正面アップ

車体前面に装甲がわりの履帯を設置。
現地で敵から分捕った履帯を取って増加装甲がわりに
つけることが多かったようです。
すごい例では全身履帯で固めてる例もあるそうです。

ライトはクーゲルブリッツよりも細かく作ってみました。

HI3G1257_convert_20140123233650.jpg

真上から

砲塔周りの様子が分かると思います。
シュルツェンは増加装甲のように見えますが、対戦車ライフル
に対抗するためにつけられるようになったものです。

HI3G1256_convert_20140123233631.jpg

主砲旋回

明日からはサイドスカートに予備転輪と転輪ラック。
後部の細かい艤装や工具の設置をして完成させる予定です。


仕事は忙しいのですが、まだ戦車を作る余裕はあるらしい・・。



Date: 2014.01.23 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

4号戦車J型

今日は夕方に少し作業。
先日車体を切り出した4号戦車の続き。

HI3G1250_convert_20140122234746.jpg

砲塔の形を間違えました。
本当は前の方がもう少し角張っているのですが・・・。
やり直そうかと思いながらも・・
シュルツェン(対戦車ライフル等への防御装甲)を砲塔
周りに貼ると形も目立たないかなと放置。

HI3G1251_convert_20140122234804.jpg

ちょっと前側から

車体前面に履帯を装甲がわりに貼っているのを再現。
T34の履帯がよく使われたらしい。
またもう少し設置しようと思っています。

明日以降シュルツェンを装備すればJ型らしくなるかな?
と思っています。




Date: 2014.01.22 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ