ワーク課題用棚製作

今日は出勤なれど園児はお休み。
4月に向けての教室の用意などを職員は行う。
私の場合は担任を持っていないので関係無しである・・。

朝から相談支援の面談がキャンセル・・・。
むう・・これは製作するしかない!

というわけで教室にあふれるワーク課題を置く棚を製作。
お昼から家に機械を取りに帰り、そのまま材料の購入。
即組み立てに入る。

canvas12.jpg

完成品

長さは180㎝程度と1×4材の長さそのまま。
高さは10㎝ほど低く切る(ドアをくぐれなくなるため)。
奥行きは50㎝弱でA4サイズのカゴがおける大きさ。

大きめのキャスターを装着し、邪魔な時は小さい部屋に
収納できるようにした。
これで各教室のかさばる課題やあまり使わない課題を整理。
課題の共有もできるはず・・・。
新年度に向けて課題の数も増やしていきたいと思っています。


Date: 2014.03.31 Category: 棚色々  Comments (1) Trackbacks (0)

5式中戦車 2号

今日はお昼頃に何年ぶりかの洗車をする。
意味もなく細かい汚れまで落としまくる・・。

ホームセンターでナイフの刃を買ったり・・・
娘のスマホを買いに行ったり、意外と今日はでかけた。

さて、そこから気晴らしに少し作業を行う。
本日は日本軍5式中戦車である。
以前作ったのは縮尺があっていなかったので、今回作り
直してみようと思い立つ。
完成間近で終戦となり完成品は残念ながら無い。
車体と砲塔までできた写真が残っている。

特徴としてやたら砲塔がでかく、車体に37㎜砲も装備。
車体は7メートル以上有り、これはかなりでかい・・。
砲身の安定のためにジャイロスタビライザーを搭載しよう
としたりと、かなり野心的な試みも試されている。

余談ながらこの車体を利用して駆逐戦車も検討されていた。
なかでもホリⅡは日本版ヤクトティーガーなデザイン。
ぜひ、今度作ろうと思っています。

HI3G1665_convert_20140330230358.jpg

車体

かなり直線的である。
最大75㎜の装甲で傾斜装甲は取り入れられていない。
どうせならパンターのようなデザインがよかった・・。

HI3G1667_convert_20140330230431.jpg

砲塔製作

砲塔はかなりでかい。
上から見ると何とも言えない複雑な形。
今回はスライド丸鋸の斜め切りで傾斜を切り出す。
そのために切断面は綺麗である。

HI3G1668_convert_20140330230453.jpg

履帯かり置き

HI3G1669_convert_20140330230511.jpg

砲身基部

砲身の基部を細い板を組み合わせて製作。
砲塔の形は違うが、砲身は四式と同じ感じである。
薄い板をボンドでつけ、固まったらナイフで削る。

HI3G1670_convert_20140330230530.jpg

砲身

4㎜棒と3㎜棒を削りだして砲身を製作。
かなりちまちました作業・・・。

HI3G1674_convert_20140330230617.jpg

砲塔部分だいたい完成

板の張り合わせで作った砲身基部を接続。
細かく張り合わせたので前作よりかなり綺麗にできました。

HI3G1671_convert_20140330230547.jpg

仮組全体図

HI3G1673_convert_20140330230604.jpg

正面より

砲塔の形が若干違う気がします・・。
できれば修正したいところである。

明日以降に転輪の装備。
37㎜方と機銃の設置。
細かい備品の装備を行っていく予定。


Date: 2014.03.30 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ひも通しの基礎

昨日は職場の卒園式でした。
これでスライド製作の仕事も終わりです。
製作したスライドも無事上映完了。

卒園生も立派に証書をもらっていました。

卒園児のあいさつでは文字を読める子どもが
手紙を上手に読んでくれてこれまたびっくり。
行事ごとが苦手な人が多い自閉さんが多いのですが、
ちょっとした支援でしっかりこなせるのを見るのは
嬉しい限りです。

夕方から1件の相談・・・
夜は退任者を見送る送別会でした。


本日土曜日

送別会で大して飲んだわけではないのですが、カラオケ
で意味不明に踊らされたためか全身が痛い。
お昼過ぎまでごろごろし、何を今日は作ろうかと物色。

で・・結局以前から気になっていた課題を製作。
ひも通しの基礎の課題である。

HI3G1661_convert_20140329163719.jpg

両手を使った棒通しができるようになった人がターゲット。

HI3G1662_convert_20140329163744.jpg

大きめの穴が開いた円柱にひも付きの棒を通していく。

HI3G1663_convert_20140329163802.jpg

針がわりの棒を通したら、ひもを少し持ち上げていく。
自動的に下の棒に円柱が刺さる仕組み。
あまりに難しいようならひもを短くしようと思ってます。

HI3G1664_convert_20140329163819.jpg

終了状態

とにかく円柱の穴に細い棒を入れ、突き出た棒をまた
手で引っ張るように促したいのが目的。
うまいこと両手の協調運動ができればと思っています。

※後で気が付く。
 円柱をセットする穴の間隔が一つのみ5㎜ほどずれて
 いました。実に悲しい気分で落ち着かないであります。


Date: 2014.03.29 Category: 個別課題製作  Comments (0) Trackbacks (0)

フォッカー Dr.I その2

なにげに1/100飛行機
フォッカー Dr.Iの続きを今日も夕方7時頃開始。
ちょっとするだけのつもりが2時間近く作業・・。

HI3G1649_convert_20140327222932.jpg

支柱製作

脚や主翼を支える支柱の製作。
竹ひごを細く裂いてヤスリをかけて細くしていきます。
良い細さになったら同じ長さに切っていきます。
そして主翼等に取り付け。

かなり細かい作業でさすがにピンセットを使う。
うまくいかなくてイライラする部分である。

HI3G1650_convert_20140327223005.jpg

脚と支柱装着

HI3G1651_convert_20140327223036.jpg

支柱部分拡大

細い支柱を角度を付けて固定していく。
面倒であるが付くとリアル感が出てきます。

HI3G1653_convert_20140327223112.jpg

機銃部分

おそらく機銃と思われるパーツを付けていく。
支柱で削った細い棒を再利用。
かなり極小である。
この時代なのでプロペラと同調しての射撃は無理だった
のかな・・?詳細は不明。

HI3G1654_convert_20140327223133.jpg

プロペラ

真ん中に細い竹ひごを刺した。
そのため飛行機シリーズで唯一プロペラが回転する作品
となりました。

HI3G1655_convert_20140327223207.jpg

完成(前上部より)

脚の部分の支柱が太すぎたのを除けばまずますのでき。

HI3G1656_convert_20140327223248.jpg

斜め下からえぐる

HI3G1658_convert_20140327223306.jpg

後方斜めより

HI3G1660_convert_20140327223321.jpg

下方から見上げた状態

主翼が3枚羽根なので見た目は重厚感有り。
第二次大戦中の飛行機よりもざっぱなデザインで製作は
意外と楽ちんである。
今度は水上偵察機でも作ろうかと考え中。


Date: 2014.03.27 Category: 1/100航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

フォッカー Dr.I

本日もイライラしっぱなし。
冷静に考えるとイライラしない日があるのかと自分でも
かなり思ってしまう次第であります。

今日は久々に木工の気分。
ドイツ戦車E-10が気になって仕方がない中、今日はこれ。

e2c25bcf2ef49e3b4054cbb00e90bafe_convert_20140326211740.jpg

ドイツ空軍 フォッカー Dr.Iである。

第一次世界大戦時、撃墜王リヒトフォーヘンも乗った機体。
3枚羽根のため非常に小回りが利く分、視界が悪く、
操作性に癖がありまくり。
リヒトフォーヘンが機体を赤く塗ったことでも有名。
いや・・それだけで有名になったような気も・・・。

HI3G1640_convert_20140326210611.jpg

適当な廃材に機体のラインを書く。
なにげにサイズは1/200ではなく1/100である。
さすが昔の飛行機なのでサイズが小さい・・・。
ここから糸鋸できりだしてナイフで削ります。

HI3G1641_convert_20140326210640.jpg

胴体と垂直尾翼

胴体は削ってヤスリをかけていく。
なんだか小魚の天ぷらに見える・・・・。
胴体に溝を掘って尾翼を差し込みます。

HI3G1642_convert_20140326210658.jpg

水平尾翼装着

水平尾翼は結構大きい。
今度はエビの天ぷらのような外見になる・・・。

HI3G1643_convert_20140326210717.jpg

主翼装着

3枚ある主翼を装備していく。
胴体に切り込みを入れて主翼をはめ込んでいきます。

HI3G1644_convert_20140326211045.jpg

主翼2枚装着

HI3G1646_convert_20140326211150.jpg

主翼全装備

3枚の主翼は通しの竹ひごを細くした棒で固定。

余談ながら写真のように機首があがったり下がったりして
いると主翼が邪魔で前の方がほとんど見えないようになっ
たらしい。一番上の主翼はよく千切れると噂有り。

また後日細かい支柱を設置する予定。
今日はここで作業終了である。

HI3G1647_convert_20140326211109.jpg

前方より旋回!

HI3G1648_convert_20140326211131.jpg

後方より

明日以降細かい部分を製作予定。
しかしいつもは塗装をしないのですが、今回に限っては
何となく真っ赤に塗りたい気分であります。
なんたってレッドバロンの乗機ですからねえ・・・。
シャア・アズナブルも真っ青ですよ!





Date: 2014.03.26 Category: 1/100航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

VK3601(H) その3

昨日の富山へ行って帰ったのが堪えたのか腕が痛い。
ハンドルの握りすぎのようです。
おまけに相談が入っていたので振り替えの休みもとる
のを止めていたのですが、その相談も流れる・・・。

うむ・・・休めば良かった・・・。

今日は何をしてもイライラがつのる。


木工も気がのらず、とりあえず VK3601を仕上げる。

HI3G1634_convert_20140324212138.jpg

主砲と同軸の機銃設置。
左右のライト設置。
機銃とシャベル等の小道具設置。

HI3G1636_convert_20140324212232.jpg

斜め後方より

HI3G1638_convert_20140324212215.jpg

前方より

全体的に少し細身になりました。
微妙な部分が気になりますが今回はこれで終了。
また次のストレス発散の製作に入りたいと思います。
ぼちぼち戦車以外のものをつくろうかな・・・と。
はたらくくるまシリーズでもと考え中。


Date: 2014.03.24 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

北陸へ出動

土曜日は職場へ・・。

土曜日は自動発達支援事業(旧児童デイ)のみ開所していて
通園のセンターはお休みです。
デイの職員で鍵を開けることが出来る人がいないので私が
鍵当番。開けたら帰ればいいのですが、本日いない管理者に

「女ばっかりで物騒だから夕方までいてね!」

といわれて夕方までいました。
まるで魔よけの鬼瓦のような扱いであります!
まあ、おかげで相談支援の計画書は3件撃破。
卒園式用のスライド製作もほぼ完了です。


帰宅してからそのまま妻の実家の富山へ・・・。
3連休のせいか夜というのに渋滞。
そして日曜日に法事に参加してすぐとんぼ返り。
もちろん帰りも渋滞であります。

そして明日からまた相談のアセスメント。
また戦いであります!

Date: 2014.03.23 Category: 雑記  Comments (0) Trackbacks (0)

VK3601(H) その2

卒園式に向けてや、4月以降のことで、どたばた。
相談支援もまた押し寄せてきています。
7件近くたまり、一件撃破・・。
明日は出勤予定なので全て撃破!・・したい。

今日はのらりくらりと製作。

HI3G1623_convert_20140321193916.jpg

砲塔荒削り・・

HI3G1624_convert_20140321193947.jpg

後ろから

この車両、何故か後ろの形が独特。
普通に作れば良かったのですが、意味もなく薄い板を
張り合わせて、エンジン周りを作っています。

砲塔は試作であったためにおそらくは作られていない。
それ故に色々な画像ごとに砲塔の形は違う・・。
どうせ試作ということで・・・
砲身はティーガー風に製作。

HI3G1626_convert_20140321194006.jpg

ディティールアップ

砲盾はパンターな感じです。
砲塔は4号に近い感じ。

HI3G1627_convert_20140321194138.jpg

主砲旋回

実際より砲身は長めか・・・。
テスト段階では75㎜砲予定であったらしい。
性能は素晴らしかったらしいのですが砲身にドイツでは
ほぼ採れないタングステンを使用していたため、採用が
見送られた。

HI3G1632_convert_20140321194105.jpg

後部より

エンジン周りを細かく製作。
実際よりお尻が斜めに切れ落ちすぎてしまいました。
何のために車体両側に箱のようなものが付いています。

HI3G1630_convert_20140321194047.jpg

車体アップ

実際のサイズは分かりませんが、実物より長くなりました。
そして幅は狭めになってしまいました。
スリムに見える分、重厚感にかけてしまいます。

前面装甲は80㎜
軍より100㎜にしろ!と要請があり、88㎜砲を搭載する
ことになったため、車両は後日改良してティーガーの土台に
なっています。

HI3G1633_convert_20140321194153.jpg

ティーガーⅠと・・

ティーガより少し長くなってました。
作っている最中で寸法を間違えたようです。
車両の上部の幅が少し足りなかったのが残念・・!

次回、小物を付けてリアルにしていこうと思います。
明日から所用でちょっとの間作業は出来そうにないのが
ちょっと無念であります!


Date: 2014.03.21 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドイツ陸軍 試作戦車3601(H)

色々と卒園式に向けての用意もあり、木工は今一歩
夜に30分ほど作業

54-2_convert_20140319231049.jpg

ドイツ軍試作戦車 3601である。
かの有名なティーガーの元となった車両であります。
駄メカのポルシェティーガーのおかげで日の目を見た
ヘンシェル社のものです。

実際には軍からの要求がさらに強力なものとなったため
改良してティーガーの土台となっています。

今回はその試作車両ということで、寸法がよく分かりません
が、ティーガーより小ぶりで、4号より大きく製作。
色々なドイツ戦車の寄せ集め的なデザインかイカス・・。

HI3G1616_convert_20140319231121.jpg

車体切りだし

全体的に車両は角張っているのでラインは出しやすい。
今日はこれのみで作業終了。
明日以降、細かい部分を作っていこうと思います。



Date: 2014.03.19 Category: 1/100戦車シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

自閉息子・朝食を作る

今日は息子の話。

来年から小学校6年生になる中度知的障害+自閉の息子。
休みに家事が嫌いな私よりもいろいろしてくれます。

先日の休みにおもしろ半分に

「朝ご飯を作ってくれ」

といってみたところ、ピザトーストを作ってくれました。

HI3G1590_convert_20140318220334.jpg

上手にしてくれましたが、さすが自閉。

チーズを一枚のっければいいのですが・・・・
パンの全面をチーズでふさがないと気が済まないようで、
パン一枚にチーズを一枚半使い、パンの全面を埋めてました。
地味に障害の特徴が出ていて、馬鹿うけでした。

HI3G1591_convert_20140318220423.jpg

電車のコース作り

電車が好きな息子ですが、よく自分でトーマスのシーンを
作り出しています。
写真はドミノと積木で高さを合わせて橋を作ってます。
雪のシーンでは発泡スチロールをむしって雪としてばら
まいていたこともありました。
部屋は汚くなりますが本人は満足そうです。


今日は機嫌がいまいちで珍しく木に触れませんでした。

今度はティーガーの元となったヘンシェル社の
VK3601(H)を作ろうかと思っています。
4号とティーガーを混ぜこじゃにしたデザインです。

最近、細かい作業ばかりなので久々に、ままごと台でも
作りたい気分です。


Date: 2014.03.18 Category: 我が家の構造化  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ