地球防衛軍 巡洋艦 その3

今日は朝からちまちまと作業。
3連装砲塔や艦橋製作に入る。


細かい作業でイライラするので、早朝作業後ホームセンター
へ行ったり、お昼にビールを飲んだり・・・・
気晴らしをしながら作業をしました。

HI3G2053_convert_20140531184710.jpg

3連装砲塔

船体左右に設置される砲塔。
砲身がはまる穴をくり抜いて砲身をつっこむ。
砲身は3㎜丸棒を細く削って製作。

実際より砲身が短くなったのが残念。
今回は砲身は全て固定。砲塔のみ旋回します。

HI3G2057_convert_20140531184754.jpg

艦橋製作途中

土台となる板に薄い板を張り合わせ、乾いたら彫る!
この繰り返しで製作していきます。
以前のプラモデル風に艦橋をブロック単位で積み重ねる
より楽ちんで、形も整えやすい。

連装砲等を8㎜丸棒で製作。
艦橋にドリルで穴を開け、丸棒をつっこんで砲塔を設置。

HI3G2063_convert_20140531184859.jpg

細かいディティールアップ

細かいスジを彫り込んだり、フィンのようなパーツを
エンジン周りにくっつけていきました。

HI3G2058_convert_20140531184809.jpg

完成間近・・・

若干艦橋がノッポになってしまいました。
高さを下げた方が良かった・・・・。

レーダーも実際より少し小さい感じです。

HI3G2059_convert_20140531184825.jpg

下からのあおり

艦橋の高さ以外はまずまずのプロポーションです。

HI3G2067_convert_20140531184915.jpg

以前製作の駆逐艦と・・・

駆逐艦と並んで撮るとまさに兄弟のようなフォルム。
駆逐艦よりも1.5倍近くの長さがあります。
後は魚雷発射管と後部の多連装ミサイルランチャー?ぐらいです。
明日くらいには完成できそうであります。


Date: 2014.05.31 Category: 宇宙戦艦ヤマト  Comments (0) Trackbacks (0)

地球防衛軍 巡洋艦 その2

今日は夕方と夕食後に作業しました。
天候も熱くなってきたので閉め切った部屋にいると汗だく
であります。

HI3G2045_convert_20140530223055.jpg

エンジン製作

SPFの端切れを四角く切断。
その後ナイフでゴリゴリと削り続けます。
だいたい丸くなってきたら、後ろに18㎜のドリルで穴を
開けておきます。その後三角の羽根を装着。

HI3G2046_convert_20140530223111.jpg

接着!

エンジン部分を船体に装着。
船体は絵を見ながら細かい部分をシェイプアップ。
また2番砲塔が少し木を継ぎ足して大きく改良。

HI3G2047_convert_20140530223138.jpg

エンジンノズル後部接着

ここまで来るとやっと船らしく見えてきます。

HI3G2051_convert_20140530223230.jpg

船体下部より

船体下部の連装主砲を設置。
4㎜と6㎜二回に分けて彫り、拡散波動砲を製作。

HI3G2048_convert_20140530223219.jpg

全体図

だいぶ船らしくなりました。
後は左右の3連装砲塔に艦橋部分。
そして細かいモールドの彫り込みです。


Date: 2014.05.30 Category: 宇宙戦艦ヤマト  Comments (0) Trackbacks (0)

地球防衛軍 巡洋艦

今日は午前に見学一件。
午後に施設見学の他施設職員の案内。
夕方に事業所利用についての相談一件。

夜遅くなってから長らく放置していた地球防衛軍巡洋艦の
製作に入る。
白色彗星相手に活躍したあげくに、やられメカとなったこの
船でありますが、意外と武装は強力。
地味に拡散波動砲も完備しております。

まずは長らく放置していた船体を削り込みシェイプアップ!

HI3G2039_convert_20140529231543.jpg

船体ボリュームアップ中

船体の中央部分(艦橋下)は丸くなっています。
どうも丸みが足りないので木を継ぎ足してボンドで固定。
乾いたら削り込んでいきます。

HI3G2040_convert_20140529231600.jpg

主砲製作

ボンドが乾くまでの間に他の製作。
船体の上下に3個付いている連装砲塔です。
実際のものよりちょっと小さくなってしまいました・・。

HI3G2041_convert_20140529231613.jpg

本日の成果

主砲に丸棒をつけて船体に固定。
主砲は4㎜丸棒を軸に左右に旋回します。
砲身は3㎜棒を削りこんで製作。

船体は継ぎ足した木を削りこんで綺麗な丸いラインが
出せました。

主砲が小ぶりなのが本当に残念。
駆逐艦みたいに見えちゃいます・・・。

HI3G2043_convert_20140529231629.jpg

主砲周辺アップ

二番砲塔がちょっぴり小さい・・・。
明日は艦橋や左右の3連装主砲。
それとメインエンジンをつけれたらと思います。


Date: 2014.05.29 Category: 宇宙戦艦ヤマト  Comments (0) Trackbacks (0)

スケジュール・実物のカード

今日は一日暇・・・。
そういうわけで相談が忙しくなる前に色々製作。
昨日切断した板に塗装したりしました。

HI3G2036_convert_20140527204845.jpg

昨日作った新型スケジュール

わりと見通しが持てる子どもさんなのでスケジュールは
複数提示。
いつ、何をすればやりたいことをできるか・・
子どもとの交渉にも使用。

ただ、どこのカードを取ればいいのか分からなくなるらしい。
というわけで矢印を製作。
矢印も自由につける場所を変更可能です。

しばらく使って様子を見たいと思います。

HI3G2038_convert_20140527204902.jpg

以前作ったプレイルームのシンボルカード

今度は違うクラス用に6個製作しました。
年齢的に小さいクラスなので反応はどうか気になるところです。

手前の板はトラジションカード用の板です。
重たい板の方が持つ実感があるのと、ペラペラの
ラミネートでは感覚遊びになったり、握りつぶしてしまったり・・
そんな人のためようです。

前回に比べて2倍以上分厚い板のものも用意してみました。
塗装をして子どもの好きなマークをつけて気が引けるように
して完成です!





Date: 2014.05.27 Category: 視覚支援  Comments (0) Trackbacks (0)

スケジュール製作

今日は職場でするペアレントトレーニングの資料作り。
地味でかなり飽きてしまう作業でした。

さてファイヤフォックスなど作ってしまい、していなかった
スケジュールの製作をしました。

sukejyu-ru1.jpg

先日作った新型。

基本は以前作った磁石を動かしていくスケジュールと一緒。
ただ使っている子どもがかなり完璧に使用できており
一日全てのスケジュールを提示しようということで製作。
ホワイトボードをぶった切って線を引いたのみの製作です。

そして今日は以前作った実物提示のスケジュール追加製作。

HI3G2030_convert_20140526205537.jpg

100均の真ん中に仕切があるものを使用。
真ん中の仕切はいらないので、真ん中のプラ版はペンチで
バキバキにへし折る。

HI3G2031_convert_20140526205551.jpg

背板に装着

背板の開いた部分にと欄時ションカードを入れるポケットを
装着していく予定です。
透明ケース部分にトイレなら紙パンツ。
外遊び=帽子を置くなど実物で次の予定を知らせていきます。

HI3G2029_convert_20140526205523.jpg

切符式?一個提示スケジュール

これも以前作ったものと同じ。
スライド丸鋸でカードを入れる所を斜めに切れ込む。
左右から板を当ててボンドで固定。

HI3G2032_convert_20140526205604.jpg

ほぼ完成

ここから塗装をして完成となります。

HI3G2035_convert_20140526205618.jpg

新型スケジュール

見通しを持てる人なのでスケジュールは複数提示。
自分がやりたいことをいつできるのか知らせていく。

しかし・・・

たくさんカードがあるとどこを取るのか分からず
自分がしたいカードを取ってしまう。

というわけで取るべきカードの所に矢印が来るように
考えてみました。
画像ではまだ分かりにくいので、塗装して完成したら
また画像を公開しようと思います。



Date: 2014.05.26 Category: 視覚支援  Comments (0) Trackbacks (0)

ミグ31 ファイヤフォックス その2

今日は朝から正座して「仮面ライダー凱武」を見る。
ふふ・・・熱くなってきたではないか!

見おわってから、ファイヤフォックスの続きにはいる。
今日は主に主翼や垂直尾翼である。

HI3G2012_convert_20140525164758.jpg

主翼完成

主翼の両端は構造からして上下に動く可変式であろう。
高速飛行時には両端の主翼は下にさがることで
空気との衝撃を緩和したりする事ができるはずである。

ジェットエンジンのインテーク部分にスリットを入れる。
ふふ・・・リアルになってきたではないか。
それにしてもエンジンはただのジェットなのか?
ラムジェットと併用でも良さそうであるが・・・・。

HI3G2014_convert_20140525164815.jpg

垂直尾翼装着

写真のように垂直尾翼を取り付ける。
エンジン部分の上部に溝を彫り込んで、羽根を差し込む。

HI3G2015_convert_20140525164832.jpg

エンジンノズル

6㎜の丸棒に3.5㎜の穴を開ける。
少し先端を細くしてノズルの完成。

HI3G2016_convert_20140525164845.jpg

車輪取り付け

車輪取付中。
車輪は3㎜の丸棒と4㎜の丸棒でタイヤを製作。
メインエンジンの下に小型のエンジンノズルを3つ設置。
3㎜丸棒を細く削ってくっつけてます。

ついでに機首にカナードを装着。
機体下部に補助翼のような板があったのでこの後
取り付けています。

HI3G2017_convert_20140525164911.jpg

完成図

細かい部分はよく分かりませんが、だいたい似てます。

HI3G2021_convert_20140525164934.jpg

下部より

機首根っこに30㎜機関砲の穴を開けました。
どこに付いているのか不明ですが映像からすると機体の
中心軸にありそうです。
機関砲が20㎜か30㎜かも不明。

でも・・・

絶対撃っても機関砲の玉を追い越しそうな感じ。

HI3G2022_convert_20140525164952.jpg

後方より

写真ではよく分かりませんがデルタ翼付け根付近に
クライマックスで敵を撃破した後方ミサイル発射口をつけて
みました。
※ちなみに実際にはフレア弾(赤外線ミサイル等に対する防御兵器)です。

HI3G2025_convert_20140525165036.jpg

地上からみたらこんな感じ?

架空の映画の兵器といえなかなか渋いであります。
実際にマッハ6が出せたとしても、機体の運動性能は
最悪に近いものになると思われる。

実在のマッハ3クラスの飛行機は進路の変更も難しいらしい。

とはいえこんな機体があれば格好いいだろうな~~と
思う次第であります。



Date: 2014.05.25 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ミグ31 ファイヤフォックス(SF)

昨日は職場の飲み会でした。
いい気分で帰宅し、お風呂でジェット戦闘機の本を読む・・。
うたた寝して、少し本が濡れました(汗)。


今日は目が覚めてからスライド丸鋸の刃を交換。

むううう・・・・全く切れ味が違うのである!

数年間使った刃は限界にきており機を切断するのもよく刃が
引っかかるような感覚がありましたが、刃を交換すると、まるで
豆腐を包丁で切るような軽さです。

お昼からは某大学で研修。
今回は成人期の支援についての事例発表を聞きました。
話を聞きながら、やはり早期の療育はとても大切だなと
感じました。

夕方帰宅後、新型のスケジュールを作ろうと思いつつ、
以前作りかけで放置していたヤマト登場の巡洋艦を少し削る。

そして





ふと思いついて製作を開始したのは・・・
ミグ31ファイヤフォックスであります。

冷戦時代の象徴ともいえる同名の映画に登場する機体で
あります。最高マッハ6で飛行し、完全なステルス機。
パイロットの思考を読みとって機体が動くサイコフレームの
ごとき凄まじい機動性。

この飛行機をソ連に潜入して奪って来るという滅茶苦茶な
映画。主役はクリント・イーストウッドであります。
この映画が個人的にスキで何度もテレビで見ており、
子どもながら、すげ===と興奮していました。

HI3G2002_convert_20140524221809.jpg

機体切りだし

機体はXB70バルキリーとよく似ています。
デルタ翼に機首部のカナード。
違いは機体の上下にジェットの開口部があることか・・・。
両翼の端が下部に大きく下がるのも似ています。
(写真では両翼の端の部分はまだ製作してません)

レーザーソーとナイフでゴリゴリ削ったり切ったりしていきます。

HI3G2003_convert_20140524221837.jpg

荒削り状態

少しずつ翼を細く削っていきます。
上下のジェット部分も形を整えていきます。

HI3G2005_convert_20140524221909.jpg

荒削り(下部より)

HI3G2007_convert_20140524221944.jpg

若干削り込みとヤスリがけ

少し羽根を薄くしていき、機首部分もいくらか掘る。
まだ主翼は細くしたいところ。
胴体は盛り上がって後ろに行くほど細くなる。
上部のジェット部分は空気取り入れ口あたりが微妙な
ラインで形が出しにくい。

HI3G2009_convert_20140524222000.jpg

上から

だいぶ細くなって来ました。
ここからさらに主翼は細くし、ジェットの空気取り入れ口も
リアルに仕上げていこうと思います。

それにしても・・・

マッハ5っていくら映画の機体だといっても無茶苦茶・・・。
機体が溶けるのではないかと思ってしまいます。
機体スピードが速いのでミサイルを撃っても下手すると
自分のミサイルを簡単に追い越しそうです。
まあ・・クリント・イーストウッドだからいいか・・な!

映画の後半のドックファイトは圧巻。
ソ連製らしくあり得ないほどの機動性を見せてくれます。
この映画を知っている時点で十分オッサンです。
興味がある人はぜひレンタルショップで探してください。

ちなみにミグ31は実際に存在しますが、もちろん
ファイヤフォックスとは全く違う機体です。



Date: 2014.05.24 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

ミグ19 その3

今日もチマチマとスケジュールを作ったり
トラジションカードがラミネートだとペラペラして
持ちにくい。もしくは感覚遊びになってしまう人用に
9㎜の板を切ってトラジションカードとして製作。

夕方は帰りが遅くなりましたが、久々にミグの製作。
最近は夜起きていられないので作業が止まっていました。

HI3G1991_convert_20140522213346.jpg

完成図

車輪の設置とミサイル・燃料タンクを設置。
ミサイルは3㎜棒。
燃料タンクは4㎜棒で製作。

ミサイルの設置する土台が何故かミグはでかい!
結構特徴的です。

HI3G1992_convert_20140522213357.jpg

後部より

うっかりエンジンノズルをつけ忘れました。
これから彫り込むことはかなり面倒なのであきらめる・・。

HI3G1990_convert_20140522213333.jpg

やや前方より

ミサイルや燃料タンクはかなり突き出てます。
胴体はもう少し細い方が良かった気がします。

HI3G1993_convert_20140522213411.jpg

下方より

ミサイルの様子がよく分かるかと思います。
この角度からだと後退翼が格好良く見えます。

HI3G1996_convert_20140522213423.jpg


とりあえずミグ19はこれで終了です。
さて次に作るものを考えないとです。
バザーで売る気ならもう少し子ども向けのものをと思いつつ
軍用機ばかり作ってしまいます。


Date: 2014.05.22 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

スケジュール等山盛り

今日は外部の先生によるPEPの検査。
それを元にアドバイスをもらい、今後の療育に反映である。

ということでスケジュールの個別化やカード類もラミネートの
ものから板を当てたもの等、かなり細かく変更予定。
スケジュールボードもさらに数種類考えないとです
また新しく始めたワークシステムも微妙に変更が必要。
子どもに合わせたスタイルを考えていく予定。

研修後は職員と今後の話をいろいろしながら、夕方に
木材を購入しに行きました。

明日はまた機械を持ち込んで木工であります。


おまけ

HI3G1972_convert_20140520203943.jpg

ビーズクッションに座って静かに過ごす息子。
すごい狭いエリアなのですがここはお気に入りです。

HI3G1973_convert_20140520203959.jpg

ちょっとはまっているピタゴラスイッチごっこ

転がってくる玉やドミノ、積木、本・・・
色々なものを使って仕掛けを作っています。
本や棚の段差を使ったりと意外とバリエーション有り。

HI3G1974_convert_20140520204017.jpg

息子、幼児の時からの愛読書。

3歳そこらでこの本が欲しいと本屋で大泣きした。
「あ~~やっぱり自閉だね」
と心底思った瞬間でありました。

電車が好きな息子ですが、それ以上に踏切は大好きです。


さて、明日からも木工が山盛りです。




Date: 2014.05.21 Category: 我が家の構造化  Comments (0) Trackbacks (0)

ミグ19 その2

今日は帰宅途中にホームセンターへ。
スプレーニスを購入後うろうろしていてスライド丸鋸の
替え刃を発見。
これで作業が格段にはかどります。
今までの刃は使いすぎてぼろぼろで限界でした。
明日にでも交換作業をしようと思ってます。

さてミグ21の続き。
水平尾翼の取り付けなどしました。

HI3G1981_convert_20140520203537.jpg

前方より

エンジンの空気取り入れ口にレーダ設置
細い気の切れ端で真ん中の仕切部分も製作。

HI3G1982_convert_20140520203607.jpg

斜め前方より

HI3G1986_convert_20140520203632.jpg

後ろから

HI3G1984_convert_20140520203621.jpg

やや下方向より

HI3G1987_convert_20140520203644.jpg

全体図

細いモールドなども彫り込みました。
これで後は車輪とミサイルくらいです。

Date: 2014.05.20 Category: 1/200航空機シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ