フランス軍 戦艦「ダンケルク」

今日は職員研修でした。
今まで講師の先生にとってもらったPEP3の検査についての勉強会。
合わせて午前中はクラスを見てもらいながらアドバイスを頂きました。
おかげでワーク課題ももっと幅が広がりそうです。
近いうちに新しい課題製作をしようと思っています。

さて今日は少しだけ製作。
フランス軍 戦艦「ダンケルク」であります。
軽巡「夕張」や「グラーフシュペー」と悩みながらこちらに決定。
前部に集中配置された4連装主砲2基がチャーミングポイントです。

色々な点でアイディアがよく素晴らしい戦艦なのですが・・・・
当時のフランスでは有効に使うことが出来なかったのが無念。
しっかり運用されていれば、きっと活躍できたのではと思ってしまいます。
ポケット戦艦との撃ち合いなんてしたらさぞかし見応えがあった気がします。

dankeruku_convert_20141031170238.jpg

実際のダンケルク

実に格好良し!
他国の戦艦とは一線を画すデザインと設計方針。
そういった点ではファンが多い船だと思います。

HI3G3701_convert_20141031164958.jpg

材料切りだし

船体は214㎜なのでそのサイズで色々な厚みで木を切り出します。
これらを重ね合わせて船体の形を作っていきます。

HI3G3702_convert_20141031165008.jpg

船体切りだし

まずは糸鋸で大まかに形を切り出します。
この時点では船体のラインはふにゃふにゃ・ガタガタ・・・・です。
ここから形を整えるので糸鋸で切る時は少し大きめに切っておきます。

HI3G3703_convert_20141031165017.jpg

ヤスリがけ

大まかにヤスリをかけたところ。
船体のラインは滑らかになりました。
ここからもう少し船首部分は細くしていく予定です。

あすから依頼があった評価キットの製作を予定してます。
そいつを終わらせてなるべく早くこいつの船体の続きに入ろうと思います!



Date: 2014.10.31 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

色々な分類課題

今日は健康診断。
毎年一回の面倒な日です・・・。

ですが・・・

いつも眼鏡で視力が1.0前後だったのですが
裸眼で0.9もありました。
作業中は眼鏡を外した方がよく見えるとは思っていましたが
年を食って近くは裸眼の方が視力がいいようです(汗)。

今日は仕事の合間に少し課題の改良。

HI3G3700_convert_20141030183254.jpg

色々な分類

乗物や食べ物・植物や動物などで貼り分ける課題。
わりとみんなよく取り組んでくれます・・・が!

知的に重たい人や色が気にある人はこれを見ると仲間分けではなく
色による分類と思う人が出てきました。
何となく赤色の物を集めたり・・・・
そしてどれにも属さない色の絵をもって困り果てる・・・。

背景の色に惑わされて課題の意味が理解できないようです。
そこで背景を同じ色にしたものを製作。

HI3G3699_convert_20141030183243.jpg

改良版

台紙の枠を全て同じ色にしました。
これで色で分けるのでなく、仲間で分けるとおもいやすい・・かな。
しばらく様子を見ていこうと思います。

さて
また軍艦を製作したい所ですが依頼の課題やパーテーション製作が
混み合ってきました。合間を縫ってチマチマ製作したいと思ってます。
フランス軍 ダンケルク級やドイツ軍 アドミラルシュぺー・・・
軽巡「夕張」あたりを少し考えています。


Date: 2014.10.30 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

重巡「高雄」完結編

そこそこ時間をかけてきた高雄ですが、ようやく完成の
めどが立ってきました。
今回はマストと細かい艤装を行う。

HI3G3672_convert_20141029071503.jpg

メインマスト

つまようじを細く裂いて支柱を製作。
部分部分に木の板を挟んでマストを作っていきます。
てっぺんにはレーダーを設置。

HI3G3676_convert_20141029071533.jpg

後部マスト

同じく後部マスト追加。
支柱の間に三角の薄い板をはめ込んでいます。
ボンドが乾いたらクレーンを取り付ける。
余談ながら高雄型の4隻はこのクレーンや後部マスト
飛行甲板あたりが結構違いがあります。

HI3G3678_convert_20141029071554.jpg

カッター製作

マストのボンドが乾くまでにカッターを製作。
大型の物だったのでいつもより少し細かく製作。

HI3G3687_convert_20141029071851.jpg

カッタ-装着

飛行甲板のくぼみ部分にカッターをはめ込みました。
なかなかいい感じであります。
ついでに後部マストにクレーンを追加。
支柱も盲1段高く積み上げました。

HI3G3680_convert_20141029071653.jpg

艦尾機銃追加

艦尾に25ミリ3連装機銃を2機追加。
その他細かい艤装を施す。

HI3G3681_convert_20141029071712.jpg

艦首部分

こちらも艦首から手法周りにかけて細かい艤装。
でも何がなんなのか細かいところは不明。
プラモ雑誌を片手に同じような感じで木片をつけていきます。

HI3G3683_convert_20141029071804.jpg

全体図1

前から思っていたが艦首はもう少し長い方が良かった・・・。
他はまずまずの出来か?
高雄らしさは出ていると思います。

HI3G3686_convert_20141029071828.jpg

後方より

後部マストがかなり目立つ・・・。
全部のマストよりかなり大きいです。
艦尾の機銃がいいアクセントになっています。

HI3G3689_convert_20141029071913.jpg

艦橋アップ

ここからのアングルはなかなかいい感じ。
高雄型のチャーミングポイントがそこそこ表現できました。
強いて言えば煙突の間隔と高さがちょっと違う・・・。

HI3G3695_convert_20141029071940.jpg

全体図2

ちょっと下からあおって全体図です。
とりあえずここらで高雄は一段落にしようと思います。
また次の船を行きたいところですが、仕事もドタバタしてきました。
ちょっと行進が滞るかもしれません~~。


Date: 2014.10.29 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (4) Trackbacks (0)

重巡「高雄」その5

今日はお昼前から作業開始。
後部主砲と高角砲・機銃を中心に作業です。
昨日の登山の影響で身体の痛みに耐えつつ作業であります。

HI3G3655_convert_20141026150542.jpg

高角砲スポンソン

高角砲をのせる台座をまずは製作。
薄い板を張り合わせて作っていました。

HI3G3656_convert_20141026150557.jpg

後部主砲

スポンソンの張り合わせた板が乾くまで主砲を製作。
先日前部を作っていたのでやる事は前回と同じであります。
後部主砲もついて俄然巡洋艦らしくなってきました。

HI3G3660_convert_20141026150628.jpg

高角砲設置

薄い板を張り合わせて高角砲の砲座を製作。
後は竹ひごを細く裂いて重心を付けてます。
ここから25㎜機銃を製作。

HI3G3662_convert_20141026150640.jpg

カタパルト及び後部機銃増設

第2煙突後ろに25㎜機銃台座を増設。
煙突周りにも機銃を幾つか追加しました。
後は探照灯を幾つか付けないとです。
そしてカタパルトを左右に追加。

HI3G3669_convert_20141026150803.jpg

上方から全体図

バランス的には艦首と艦尾はもうわずかに長い方が良かったか・・・。
完璧にはいきませんでしたがまずまずの配置が実現できました。

HI3G3665_convert_20141026150710.jpg

斜め前方より

HI3G3664_convert_20141026150658.jpg

斜め後方より

HI3G3666_convert_20141026150729.jpg

主砲旋回!

かなり完成に近づいてきました。
後はマストと機銃の増設。
そして細かい艤装工事に、水上機の製作といったところ。
ぼちぼち、仕上げにかかろうと思ってます。





Date: 2014.10.26 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

平八 山に登る

土曜日は職場の同僚とちょっと離れた所の山に行きました。
10年前は北アルプスを縦走し、冬山にまでも登っていた私・・・。
1200㍍程度の山などおそるるに足らず!

HI3G3624_convert_20141026150153.jpg

歩き始め

画像がブレてすいません・・・。
林の中は小川の流れも聞こえていい感じです。

しか~~し
山に登り始めるとえらくはないが太股が情け無いほどに動かない。
しかも足に違和感が・・・・。
まあ違和感も気のせいと思い登る。

HI3G3625_convert_20141026150236.jpg

登る途中

足は動かないが、景色はなかなか。
東北やアルプスと比べると落ちますが、中国地方でいうとかなり綺麗。
このころ足の違和感が判明。
10年近く使っていなかったので靴が劣化して靴底がペコペコ・・・。
まあ何とかなるだろうと思い、登り続けます。

HI3G3630_convert_20141026150309.jpg

山頂到着

山頂から日本百名山の一つ「大山」がよく見えます。
左側の台形の山が「大山」そこから右が「烏ヶ山」です。
このころには靴底はかなり剥がれかかってました(汗)。

HI3G3631_convert_20141026150330.jpg

昼食

私はおにぎりとカップヌードル。
しかし他の同僚はお洒落にチョコフォンデュを用意していました。
みんなでバナナに付けておいしく頂く!

HI3G3641_convert_20141026150401.jpg

下山

下りは比較的楽。
気分良くあるいていたら、後ろを歩いている同僚が・・・

「落ちたよ!」

・・・・・??

気が付くと靴底が綺麗に落ちていました。
落ちた靴底を手渡してくれた同僚は、その後死にそうなくらい笑っていました。
自分も靴底を落とし物として渡されたのは恐るべき初体験。

HI3G3647_convert_20141026150428.jpg

無事下山

川のそばに立っていた看板がシュール。
看板の汚れ具合もなかなかいい感じ。

HI3G3648_convert_20141026150440.jpg

高速のSAから大山

ここからも大山と烏ヶ山が見事。
いつも一人で登っていましたが10年ぶりくらいの久々登山。
ホント久しぶりに体を動かしました。
思った以上に身体の衰えを実感しました。




Date: 2014.10.26 Category: 雑記  Comments (0) Trackbacks (0)

重巡「高雄」その4

今日は朝からパーテーションの組み立てです。

HI3G3597_convert_20141024232550.jpg

可動式パーテーション

こいつは通常のパーテーションより薄く作っています。
動かす時に少しでも軽く・・・と

HI3G3599_convert_20141024232615.jpg

使用例

パーテーション二つを組んだところ。
二つのパーテーションで色々とまじきる事が可能です。



さて夕方は「高雄」製作。
今日は何故か前部主砲から製作。
そして煙突周りを若干作りました。

HI3G3600_convert_20141024232627.jpg

20.3㎝砲

高雄の3番主砲です。
とりあえず主砲配置した時の間隔を見たくて主砲を作りました。
作り慣れているので特に面倒なこと無し。

HI3G3601_convert_20141024232638.jpg

2番主砲塔基部

2番主砲塔は高い位置にあるので丸棒で基礎部分を製作。
この後先端を切り取って船体に設置。

HI3G3610_convert_20141024232723.jpg

煙突周り構造物

薄い板で煙突周りにデッキを追加。
3㎜丸棒で探照灯や側距儀の土台部分を製作。
今後25㎜機銃を大量に設置しなくてはです・・・・。

HI3G3611_convert_20141024232741.jpg

後方から煙突周り

後部煙突周りにも色々とパーツを設置。
煙突の後ろに今後さらに機銃台座を付ける予定です。
色々くっついたので、かなり船らしくなってきました。

HI3G3615_convert_20141024232819.jpg

主砲設置

前部の主砲のみ3基設置しました。
実際より少し主砲は大きい漢字です・・・。
配置の配分が難しい。

HI3G3617_convert_20141024232835.jpg

やや下からの あおり撮影

HI3G3605_convert_20141024232800.jpg

主砲旋回!

主砲は面倒でしたが旋回可能。
なかなかにいい感じです。
艦首部分に追加で板を張り、船体をわずかに伸ばし、先端を高くしました。

HI3G3620_convert_20141024232846.jpg

イージス護衛艦「あたご」と

ちょいとお遊び画像。
新旧の高雄型?並べてみました。
こうしてみると「あたご」と「高雄」艦橋がよく似てます。


さてさて明日は近隣の山に登ってきます。
明日も作業したいところですが力つきているかもしれません(笑)





 
Date: 2014.10.24 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (3) Trackbacks (0)

パーテーションと重巡「高雄」

今日は朝から材料の買い出し。
可動式のパーテーションの大と中・・・それぞれ製作。

HI3G3574_convert_20141023211018.jpg

材料買い出し

一番嫌な作業。
しかしこれもすっかり慣れました。
これだけ買っても今後のパーテーション製作にはまったく足りない・・。
とりあえず今回の可動式パーテーション分の材料。

HI3G3575_convert_20141023211036.jpg

作業場の惨劇

ままごと台23号は完成間近で放置。
それに加えて今回の材料で作業場は激狭!
何とか隙間を縫って材料を切り出す。

HI3G3577_convert_20141023211050.jpg

一枚完成。

これを3枚。この倍近い大きさを1枚製作。
明日職場で合体させて、キャスターをつける予定です!



さて、この後少々疲れてうたた寝・・・・。
疲れたので今日は「高雄」は放置にしようと思っていたのですが
なにやらムラムラして結局艦橋に取りかかる。

本日は艦橋の上部と煙突の作業です。

HI3G3579_convert_20141023211102.jpg

艦橋2段目

艦橋周囲に側距儀や機銃用スポンソンを追加。
そして薄い板で2段目を張ります。

HI3G3581_convert_20141023211125.jpg

薄いデッキ部品

艦橋周りの凹凸に合わせて切りかく。
こういった物を艦橋にはめ込んで薄いデッキを組み上げていきます。

HI3G3583_convert_20141023211200.jpg

艦橋部分ほぼ完成

艦橋2段目から薄い板を6段ほど重ねて艦橋が完成。
実際よりちょっぴりノッポになりました。
最初の1段目が難しかったですが、上段は思ったより簡単に組めました。

HI3G3585_convert_20141023211246.jpg

煙突追加

煙突ですが、実際より少し低いかもしれないです・・・・。
とりあえず配置の感覚をつかみたかったので2本仮置き接着。
煙突周りも高雄は細かい物がたくさんあるのでこれからが大変そうです。
沢山の物を縮尺通りに配置できるのか・・・・。

HI3G3591_convert_20141023211316.jpg

艦橋アップ

高雄のアイデンティティーともいえる艦橋アップです。
少し下の方から あおりで撮影。
まずますの出来といえるでしょう・・・・。

煙突左右ががらがらなのが見た目的に寂しい・・・。

HI3G3590_convert_20141023211309.jpg

大きさ比較

10円玉と・・・・。
だいたいこんな大きさです~。

HI3G3584_convert_20141023211212.jpg

全体図

本日の成果であります。
明日からは煙突周囲の構造物と高角砲の設置。
余裕があれば主砲にも少し取りかかりたいが、流石に無理か・・・。




Date: 2014.10.23 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (2) Trackbacks (0)

重巡「高雄」その2

今日は相談の面談を1件。
支援計画を2件撃破。
これで残り2件!

そして職場では大規模な再構造化計画が持ち上がる。
明日からはパーテーションの製作をしないといけません。


さて夕方から高雄の艦橋部分に取りかかる。

しか~~し

この高雄の艦橋は実に複雑。
微妙な角度で艦橋が構成されています。
かなり苦戦しながら、取りかかりました。

HI3G3564_convert_20141022211619.jpg

艦橋切りだし

まずは艦橋の基部から真ん中あたりまでを削りだし。
写真は四角い木片に目安のラインを引いたところ。
ここから少しずつ切れ込みを入れて削っていきます・・・。
この時点で少し投げ出したい気分であります。

HI3G3565_convert_20141022211629.jpg

何となく形が出来た状態。

少しずつ削って少し形が出来たところです。
船体と合わせてみながら、形を整える。
しかも艦橋基部は色々な傾斜がついていて難しい・・・。

HI3G3566_convert_20141022211640.jpg

船体と接着

だいたい艦橋が出来たところで船体に接着。
ボンドが乾いたら船体に合わせて艦kと卯をさらに削り込みます。

HI3G3570_convert_20141022211655.jpg

艦橋の修正

木の断面が汚く、船体基礎部分と艦橋との合わせ目が滑らかにならない。
そこで薄い板を艦橋の前部に張り合わせて綺麗にします。
薄い板を周りから張るだけで木の断面が隠れるので、作業はお手軽。
そして仕上がりも綺麗になります。

HI3G3571_convert_20141022211702.jpg

船体後部・飛行甲板

水上機をのせたり、後部の主砲が来る第2甲板を追加。
そしてカタパルトの支柱を丸棒で接着。
後は主砲を置いた時にバランスよくなるように祈るのみ・・。

HI3G3573_convert_20141022211717.jpg

全体図

本日の成果。
実に艦橋基部と後部カタパルトしかできませんでした。
艦橋製作が思った以上に手間取ります。
明日からは艦橋上部や煙突に取りかかろうと思ってます。




Date: 2014.10.22 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (0) Trackbacks (0)

重巡「高雄」

今日は外来の教室。
40をだいぶまわったオッサンが子ども達の前で手遊びや活動をする。
冷静に考えると我ながらキモイのである!

お昼からは大阪での研修などをまとめる。



そして夕方は急いで帰宅。
さっそく「高雄」の製作に入る。
主砲が多いのと艦橋の複雑さに今まで避けていましたがついに
勝負する時がやってまいりました!

この高雄のチャーミングポイントは何といってもどでかい艦橋。
高雄型は全て艦隊の旗艦たる装備を施された船であります。
そして酸素魚雷に20㎝砲10門。
もう・・・これでもかというくらいの武装であります。
美しさの点では「利根」に一歩譲るかもしれませんが、無骨さや
男らしさを感じる格好良さは「高雄」が一番です。

高雄といえばこれ

takao1.jpg

乙女プラグイン実装
愛に生きる「高雄」メンタルモデル
足フェチの私にはたまらない・・・艦コレなんて目じゃないぜ!



さてさて、話がそれてしまいましたが本物の「高雄」
今日は船体の組み立てです。

HI3G3554_convert_20141021211112.jpg

船体材料

船体を薄い板を張り合わせて作っていきます。
スライド丸鋸で適度な厚みの板を数種類切りだしておきます。

HI3G3557_convert_20141021211135.jpg

船体切りだし

船体を糸鋸で大まかに切り出します。
艦首部分は少し高く盛り上がるため木を当てて厚みを出していきます。
ボンドが乾いたら船体の削り込みです。
この高雄ですが船体のラインは実に複雑です。
身長にヤスリをかけて形を整えていきます。

HI3G3558_convert_20141021211145.jpg

船体基礎完成

当てた木を綺麗にナイフでそろえて、ヤスリで微妙なラインや船体下の
カーブを出していきます。
全長が203㎜ 幅は20㎜少々のサイズです。
意外にでかい・・・・。

HI3G3559_convert_20141021211154.jpg

甲板1層目

魚雷発射管が置かれる空間を製作。
この上から板をさらに張って魚雷発射口を作っていきます。

HI3G3560_convert_20141021211202.jpg

甲板2層目

先ほどの上に適度な厚みの板を接着。
クランプで締め上げて木と木の隙間が出来ないようにします。
当てた板は適当です。
ボンドが乾いてからナイフで形を整えます。

HI3G3563_convert_20141021211229.jpg

2層目途中経過

下の板の形に合わせて上に当てた板も削っていきます。
船体後ろの板は止めたのみで、これからナイフで形を出していきます。

HI3G3562_convert_20141021211221.jpg

後方より

HI3G3561_convert_20141021211213.jpg

斜め前方より

この高雄、装甲を強化するためにバイタルパート(艦の重点防御部分)を
妙高型より縮めています。縮めた部分の重量を装甲に当てています。
つまり見た目的に艦の中央部に主砲も結構よっています。

本日の作業はここまで
明日以降後部の2層目甲板の製作。
そしてチャーミングポイントの艦橋に取りかかりたいと思っています。




Date: 2014.10.21 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (2) Trackbacks (0)

護衛艦「ひゅうが」(艦載機追加)

土日は大阪で研修。
かなりハードなものの、とても楽しい研修。
今後の子ども達への支援に反映できそうな良いものでした。
また課題も参考になるものを沢山見ることが出来ました。

さて今日は相談の面談を1件
そして職員会議の資料製作。
気分転換に個別課題を一つ製作。

HI3G3542_convert_20141020205157.jpg

お店のマークのマッチング

職場の近くにある店のマークをネットから集める。
こういった看板や道路標識など身近な物で覚えるといいなというものを
かき集めてみました。
こういったことから周りの物に興味が広がっていけば乙なものである。
またワークの息抜き的な課題としてもよいかな?



さて今日は帰宅が遅くなったため、製作は少しのみ。
護衛艦「ひゅうが」の艦載機を2機製作。

HI3G3543_convert_20141020205209.jpg

F35B2機目

写真は胴体部分。
横の板きれはこの後主翼として切りだしていくもの。

HI3G3544_convert_20141020205219.jpg

主翼装備

主翼と尾翼を接着。
この後垂直尾翼をつけていきます。

HI3G3545_convert_20141020205229.jpg

完成

2機並ぶと意味もなく嬉しい。

HI3G3547_convert_20141020205242.jpg

搭載図

同時にヘリを1機製作。
今回はローターが4枚羽の少し小ぶりなヘリ。
出来れば後1機製作を行いたいと思っています。

HI3G3552_convert_20141020205336.jpg

全体図

搭載ヘリが増えたので見栄えはよくなりました。

HI3G3549_convert_20141020205304.jpg

後方より

HI3G3551_convert_20141020205328.jpg

反対側

後ヘリを1機作ろうと思いますが、「ひゅうが」はここらあたりでいったん
切り上げて完成ということにしようと思います。



さて次回の製作ですが今回の大阪の研修で依頼された検査用の課題を
作ることと、重巡「高雄」を作ろうと思います。

今回研修でお世話になった某有名な先生が実はかなりの軍事マニアと
いうことが判明。飲み会ですっかり盛り上がったので、その先生への
献上品として製作しようと思います。

まあ「高雄」は攻撃力でいえば日本重巡で最高ランク。
個人的にも大好きな船です。
盛り上がって参りました!(勝手に自己満足)




Date: 2014.10.20 Category: 1/1000艦船シリーズ  Comments (4) Trackbacks (0)
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
ページランキング
カレンダー


全記事表示
プロフィール

江田島  平八

Author:江田島  平八
自閉症スペクトラム障害(ASD)や身体障害の子どもさんが使用するものを中心に木工製作や個別課題の製作をしています。本家HP「江田島平八の部屋」にて作品を公開してますので、是非のぞいてください。ブログでは製作したものの画像や使用結果など書いています。

リンクフリー!画像転用・文章転用(する人いるのか?)フリー!
エネルギー充填120%
全艦、敵艦に向けて突入せよ!(違

カテゴリ
最近の画像
木工作品
ミリタリー
個別課題
あほ画像
月別アーカイブ